」タグアーカイブ

石臼と杵

何十年振りかの石臼と杵である。子どもたちが小さい頃に餅つきを考えたこともあったが、当時の茫猿にとって歳末は地価公示で年間最大の繁忙期だったから、常に企画倒れに終わっていた。だから叔父宅に預けてあった臼と杵を見るのは、たぶ […]Continue reading «石臼と杵»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

梅雨入りまぢか

五月末の晴天続きで畑が乾燥し水遣りに追われた頃と様変わりして、雨天や曇天が多くなっている今日この頃である。紫陽花が咲き、梅が色付いてきてもいる。Continue reading «梅雨入りまぢか»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

睡蓮の花

睡蓮が咲いた。紅い花の横に白メダカが泳いでいる。Continue reading «睡蓮の花»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

ありがとう

明日は五月第二日曜日、母の日、そして母の六回目の命日である。 仏事風に言えば七回忌ということである。Continue reading «ありがとう»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: , | コメントする

春宵一刻値千金

桜の話ばかりで些か気が引けるけれど、鄙暮らしの身であれば許されるだろう。居室の灯りを消して部屋の窓一杯に広がる夜桜を眺めている。年ごとに樹は成長し花の数も増やしているから、闇に浮かぶ白い花影を我ながら悦に入っている。Continue reading «春宵一刻値千金»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: , | コメントする

咲き初め鄙桜

2016年春も鄙桜が咲き始めました。 「さまざまな こと思い出す 桜かな」《芭蕉》という句がある。誰にでも詠めそうでいて詠めない句である。桜の下にいて、この句を思い出し口にするという何気ないことが、じつにしっくりと腑に落 […]Continue reading «咲き初め鄙桜»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: , | コメントする

水温み、花開く

春雨のけむる暖かい朝です。叔父《母の二番目の弟》の三回忌法要にお参りした昨日、叔母《母の直ぐ下の弟の妻》が末期癌で入院したと知らされました。ふと、芭蕉の句が浮かびました。この句が詠う季節はまだしばらく先のことではあります […]Continue reading «水温み、花開く»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

花筵待ち

風邪もおさまったようだし陽気もよいことから、今朝から畑仕事を再開した。凪の如き日々とはいえ、時候ごとにお定まりの野良仕事を一つ一つ片付けてゆく。頼みがたきは明日のこと翌月のこと翌年のことと承知しているけれど、今日為すべき […]Continue reading «花筵待ち»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: , | コメントする

父の書棚

父が亡くなって、もうすぐに五年になる。納屋に移してある父の書棚を改めて渉猟していて、何冊かを読んでみようと思った。今や父を偲ぶものは、納屋に移した父の蔵書のみである。父の蔵書のうち文庫本などは処分したが、残してあるハード […]Continue reading «父の書棚»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

阿修羅像と葛切り

穏やかな秋日和の昼下がりである。 お彼岸に合わせて今年も時季を違えることなく紅い花を咲かせた曼珠沙華は盛りを過ぎたが、今は金木犀がたくさんの花をつけ濃い香りをあたりに漂わせている。しばらく悩まされていた奥歯も今朝には抜歯 […]Continue reading «阿修羅像と葛切り»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: | コメントする