2012・鄙桜

04.11 雨降り出し桜舞う東京から、鄙に戻れば本降りの雨でした。
今朝は快晴、鄙桜はこの春も変わることなく、雨に洗われ陽に輝いています。
「 このさくら  去年(こぞ)のさくらも  このさくら  」
去年は既に一昨年のことになりました。
「影思う  花のもとにや  笑みのあり」 (茫猿)
「花陰に  笑みの在りてか  昼下がり」 (茫猿)

六分程度の鄙桜、大島桜、そして染井吉野も奥に見えます。

 朝陽に映える鄙桜

同じく大島桜。

 定番、染井吉野

これから茫猿は、巷の些事は傍らに、雨に洗われた苗物の支柱立てなどに勤しむことと致します。 鄙里の春はまだ始まったばかり、主の過怠をよそに、八重桜、枝垂桜、芍薬、牡丹、馬酔木、平戸、皐月、満天星、石楠花、山法師、花水木、沙羅双樹などなど、心浮き立つ春はまだまだこれからなのです。

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です