不動産鑑定士のあり方

清水千弘教授びわ湖会議において行ったプレゼン資料が氏のサイトに公開されています。
題して「不動産鑑定士-これからの不動産鑑定士のあり方を再定義する」です。 ご一読をお勧めします。 氏のサイトから、全19頁に及ぶ論考のうち冒頭の一節を引用紹介します。

「不動産鑑定士は,現在,大きな転換期を迎えているといっても過言ではない。その原因は,不
動産市場の進化のなかで,不動産鑑定士の専門性に対して疑義がもたれるようになったことが最も大きな原因の一つであると考えられる。 そうすると,不動産鑑定士とは,一体どのような専門家
であるのか,といった問題から考えなければならない。」

 

関連の記事

カテゴリー: 不動産鑑定 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です