春の使者

スイセン、マンサク、梅の花などに春を感じるが、極めつけは蕗の薹であろう。 落ち葉のなかから鮮やかな緑の顔をのぞかせているのを見つけると春なのだと知らされる。

やっと一つ見つけた蕗の薹、早緑が鮮やかだ。                                 蕗味噌に  母の手思う   早や緑(さやみどり) (茫猿)

マンサク、花は黄色である。

こちらは朱色のマンサク。

藪椿。昨日はメジロが花蜜をもとめて枝先を巡っていた。

まだまだ多くの花を咲かせている寒椿。

スイセンの花かずも増えてきた。

紅梅は盛りを過ぎたが白梅が満開にちかい。 風が穏やかであれば香りがただようであろうに、北風が香りを散らし花を凍えさせている。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です