試験湛水

04/12から始めていた鄙池の工事があらかた終わったので、川の水を引き込んで試験的に湛水を始めてみた。 漏水防止用の土留め堰堤は池を掘り上げた土砂を投入しただけであり、数ヶ月かけて乾燥し自然沈下を待つのである。 試験湛水の結果がよければ鯉を飼うことができる。

江川の水をポンプアップして引き込んでいる。

満水時のほぼ60%を湛水したところである。数日して水位が下がっていなければ、漏水を止めることができたということである。

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください