贅沢&月に群雲

錦織さんは残念でした。でも全米オープンの決勝進出だけでも凄いことである。準々決勝、準決勝とフルセット四時間のゲームを勝ち抜いた後の決勝であれば、体力的ハンデは否めないことであり、それでも戦い抜いた闘志を讃えたいと思います。
さて、今宵は我が家における唯一ともいえる贅沢な夕餉だった。

秋の我が家では何度か秋刀魚の野焼きをします。様々な人を招く鄙の野宴でもメインデッシュは秋刀魚、孫を囲んでのバーベキューでもメインは秋刀魚でした。《申し添えておきますが、他にも芋煮や飛騨牛やアナゴなども用意はします。》

庭先に据えたU字溝焜炉に拾い集めた枯れ枝を燃やして秋刀魚を焼くのです。畑から大根を抜いてきてオロシを作り、これも庭先に稔っているスダチ、あるいはカボスをたっぷりと絞っていただきます。 今宵は満月、しかも例年より二割も三割も大きく明るいスパームーンです。 月夜に秋刀魚を焼く、これにまさる贅沢などなかろうと自画自賛しつつ秋の味覚をいただくのです。DSC08403

スーパームーンには群雲が広がりつつあります。月に群雲 華に風ともいいますが、満つれば欠けるのが世のならい、今宵のNHKニュースは円安の進行への危惧を伝えていました。何を今更とも思いますけれど、過ぎたるは及ばざるが如しとも云いますが、円安を言い換えれば「日本売り」なのであり、日本経済の評価が下がるという本来の意味をようやくに伝え始めたことだけでも佳しとしましょう。
さて、月光に輝く雲の姿も目にしみるものがあります。DSC08416昨日は白露、夜風が涼しくなりました。 撮影時の月齢はほぼ15、満月です。 なにほどのこともない陋屋の小さな庭ですが、常より明るい月光に照らされてみれば、ひときわ風情あるものに見えます。 月夜の庭を眺めていて、ふと「不条理」という言葉が浮かびました。何の脈略もありませんが、月光をうけて白く光る木立とその陰の闇、闇のなかにたたずんで月に吠えてみる茫猿が“抱えているかもしれない不条理”、てなところでしょうか。 秋空の月も悪くはないが《いや、眺めているのに寒くはないという意味でですが》、好きなのはやはり冬空の月です。地表も上空も冴え渡っているなかで、葉を落とした枯れ木立を通して眺める月が格別に思えるというのも、不条理かもしれません。

DSC08415

トヨタにしても海外生産比率が60%(2012年)に達しており、2009年のGDP(国内総生産)に占める輸出依存度を見れば日本は11.4%に過ぎない。円安による輸出差益よりも輸入差損のほうが日本経済に与える影響は大きいのである。 しかも輸出差益は輸出依存企業に利益をもたらすものであるが、輸入差損は一般消費に直接影響するのである。こんな簡単なことが、遅きに失したとはいえ、ようやくNHKニュースで語られ始めたのである。 金融措置で誘導される円安も見ようによっては不条理なものであり、iNetで語られている被災地福島における除染処理に絡む闇《二次三次四次下請けの間に潜む闇》も不条理きわまりないものです。

《閑話休題》面白い謎謎を聞いた。BS再放送・刑事コロンボからの受け売りである。 答えは次回記事で知らせます。

《謎謎その1》
次の字句のなかに共通点を持たない単語が一つあります。
その一つを理由も含めてお答えください。
「外泊、 借金、 敗北、 欠勤」

《謎謎その2》
金貨の入った袋が三つあります。三つの袋のうち一つだけは偽金貨が入っています。
秤を一回だけ使用して、偽金貨の入った袋を見つけてください。 なお、偽金貨は正規の金貨より10%重いのです。

 

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です