晩秋の切り撮り

生硬い話ばかりでは疲れる。遠吠えも度々では飽きるというものである。
倦み疲れた脳髄を癒すには、庭の片隅に晩秋の華を楽しむに限る。

椿その1 真白な八重椿IMG_0591

椿その2 紅椿IMG_0598花柚子が稔ってきた。柚餅子を作るかそれとも柚子練りか。IMG_0593

葉陰に小さな花をつけている名前も木に冬と書く、斑入りの柊IMG_0596

この季節の畑仕事である、柿の剪定、生け垣の刈込み、ドーゾの下枝落としなどはあらまし終えた。あとは梅の剪定、柿の下の冬場耕起、素堀りの溝の養生などが残っている。苅り落とした下枝や枯れ木の炊き上げや収穫後の畑耕起もあるから、冬の畑仕事にも事欠かない。

 

 

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です