転居先を訪ねて

《2015.07.07 追記》生前は記述を憚った、転居先マンションに亡き友・中村博一を見舞ったおりの記録を、日記より転載しておく。禁じ手であるが、公開日付の編集をする。

(2015.02.28)大津市で開催されたびわ湖会議の翌日、ほぼ十ヶ月ぶりに中村を見舞う。 近所に新しく購入した彼の新居は3DKのマンションだった。 玄関に出迎えてくれた彼を見て驚いた。 杖を付き歩行もおぼつかなくなっていた。 顔の艶もなく、目の光も衰えていた。  「お前に会えるのも、これが最後かも」とも言う、沈んだ彼を慰める言葉も無い。 買い物から帰ってきた奥さんのやつれ方も、正視できないほどだった。 春が深くなって、畑の野菜がとれたら、また来るよと言って帰ってきたが、玄関においてあった車椅子が、胸に迫る。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です