沖縄と向き合う為に

菅内閣官房長官が沖縄県を訪問して、あれほど避けていた翁長知事と面談している。会談は両者の主張が平行線を辿って終わったように報じられているが、地元沖縄県内紙では安倍内閣のアリバイ造りに利用されただけではないかという危惧も伝えている。

沖縄の基地問題、なかでも普天間基地の移転問題について、本土の新聞やテレビは伝えることが少なすぎるし、伝えても沖縄の実態を正しく伝えていないという指摘がかねてから存在している。であれば、沖縄の空気を知る為には地元新聞を読むのが一番であろう。幸いにもインターネットの時代なればこそ、沖縄の地元二大紙である沖縄タイムスと琉球新報の社説を読むのは容易なことである。

2015年4月5日 :沖縄タイムス社説
移設反対の民意が示されたという見方を否定し、「普天間の危険性除去をなんとかしてほしいというのが沖縄県民の声」だと、臆面もなく問題をすり替える菅氏の発言は、沖縄の人々に寄り添うという姿勢からはほど遠い。

《2015年4月6日 :沖縄タイムス社説》
米軍上陸後の軍事占領で一方的に土地を囲い込まれ、講和条約発効後、「銃剣とブルドーザー」で強制的に接収されたのが沖縄の基地である。自ら差し出したものでもないのに、危険性除去のために新たな基地を負担しろというやり方に対し翁長氏は「政治の堕落だ」と厳しく批判した。

2015年4月4日:琉球新報社説
菅氏は知事選後も衆院選後も「粛々と移設作業を進める」と述べた。県が掘削作業停止を指示した際には「この期に及んで」とも述べた。沖縄がどんな民意を示しても、どんな異議申し立てをしても、「問答無用」と言うに等しい。
菅氏の常套句(じょうとうく)には「法治国家として」もある。県の掘削停止指示を行政不服審査法を用いて効力停止させた際も述べていた。
だが同法の第1条「趣旨」にはこうある。「行政庁の違法不当な処分、公権力行使に関し、国民に広く不服申し立てのみちを開く」。国の不当な行為から私人を守ることが「趣旨」である法を使い、国の行為を守ったのだ。立法趣旨に反するとの意見が法学者の間でも強い。これで「法治国家」もあるまい。

《2015年4月6日:琉球新報社説》
「キャラウェイ高等弁務官の姿が思い出される」 就任以来ようやく実現した菅義偉(よしひで)官房長官との会談で、翁長雄志知事が言い放った。かつて米国の軍事植民地に置かれた沖縄に君臨したキャラウェイは「(沖縄住民の)自治は神話でしかなく、存在しないものだ」と語り、強権を振るった。翁長知事はキャラウェイに重ねて安倍政権を批判した。沖縄の戦後政治史の中で、これほど強い言葉はないだろう。 名護市長選、知事選、衆院選で示された辺野古移設反対の民意が存在しなかったかのように振る舞うことは「自治は神話」で日本は独裁国家と言うに等しい。

《捨て石にしてはならじ》
4月1日の沖縄タイムス社説は二度と捨て石にならないと題して、以下のように述べている。「米軍の沖縄本島上陸からきょうでちょうど70年になる。 沖縄戦は「捨て石」作戦だったといわれる。日本政府は戦後、サンフランシスコ講和条約に基づき、自らの主権回復と引き換えに沖縄を米軍に委ねることを、敗戦国として了承した。沖縄の人々はまたしても「捨て石」になったのである。

そして今、政府は名護市辺野古の沿岸部を埋め立て、米軍の意向に沿って新基地を建設することによって沖縄を米国に差し出そうとしている。選挙で示された民意を無視しているという意味で、これもまた、「捨て石」の論理というほかない。

《琉球の歴史に正面から対峙すべき》
2000年の10月に沖縄を訪ねた茫猿は、こんな感想を「鄙からの発信」に掲載している。「沖縄について、印象が醒めぬ内に、続編を書きます。最初に、沖縄と呼ぶよりは琉球と呼んだ方が私は懐かしく感じますし、歴史の重みを感じます。琉球処分という言葉があります。イヤな響きですが、歴史上の単語です。沖縄は琉球として処分の歴史を持ち、沖縄として今時大戦から現在に至る事実上の処分の歴史を持っています。
この「琉球処分」という歴史を、明治維新から現在までの日本近代史のなかで、どのように位置づけるかが日本人個々の歴史観を形成すると思います。

三つ葉ツツジが満開になったが、背景の緑も新緑度を高めているから鮮やかに映えている。150405mituba

 

《雨に濡れる花々》 雨に洗われて鮮やかさを増している花々を切り撮ってみた。 先ずは赤みを増して散りはじめた鄙桜150406yamazakula

大島桜は桜色鮮やかに咲き誇る150406oosima

趣向をかえてムスカリの青紫150406musukari

花海棠のあか150406kaidou

菊桃のあか150406kikumomo

三ッ葉ツツジ150406mitsuba

 

そして性懲りも無く鄙夜桜《ヘッドライトが照らす薄暗い映像ですが》150406yozakura

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です