紅い実

鄙の屋敷林を歩いていて、紅い実をつけている木が眼にとまった。植えた記憶は無いから鳥が運んできた種から成長したものであろう。図鑑で名前を調べたら、どうやら「クロガネモチ」もしくはその近縁種のようである。

ふと何の脈略もなく「赤い鳥 小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実を食べた」という詩が浮かんだ。 鮮やかな紅い実をつけるクロガネモチ? 赤い鳥が運んできたか?20151112kuroganemochi

赤い実つながりで、ナンテン。ネットは鳥除け。20151112nanten

次いで、センリョウ・千両20151112senryo

そしてマンリョウ・万両、センリョウとは葉の形も樹形も違うが、実のつき方が最も違う。実はまだ完熟前である。20151112manryo

こちらはグミに似たサンシュユの紅い実20151113sansyuyu

もう落ちる寸前になったツタの紅葉。20151112tsuta

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です