騒春なれど佳春

孫娘が滞在しているので、日頃は侘びて閑かな我が鄙里もいささか騒がしい正月を過ごしています。笑い声、時に泣き声がこだまする鄙里は和やかな空気が漂っています。

孫とお千代保稲荷に参詣して、例年のごとく門前で募金活動をされている止揚学園の皆さんに年詞を申し上げました。20160101shiyoh鄙里の雑木林で焚き火をして、焼き芋を楽しみました。孫は落ち葉踏みを楽しみます。20160101takibi20160101douzohお城が大好きな孫と越前丸岡城に登城しました。雪の無い雪吊りがきれいでした。昼食に鮨をいただきました。一時間の空席待ち、漁も市場も休みですから地魚には会えませんが、ブリとバイ貝、能登牡蠣が旨かった。20160101maruoka 20160101yukitsuri暮れに為残した干支飾りを置き換えて、この一年、孫のことを宜しくとご先祖さまに願いました。20160101kazari

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 止揚学園の人々, 茫猿残日録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です