紅黄葉七態

前線の通過に伴う今朝方の雨に洗われて、鄙里の秋は深まり紅葉や黄葉が彩りを増している。とはいっても、楓はまだまだ青楓であるし公孫樹も黄緑色である。公孫樹は寒さが増してゆく来週には黄色くなり、落葉してしまい裸木となるだろう。

落葉が始まっているケヤキとまわりの青楓。

黄葉には少し間のあるイチョウ。

馬酔木《アセビ》の赤。

ブルーベリーの赤。

満天星《ドウダン》の赤。

ナンテンの赤い実はすでにムクドリの腹中に納まりつつある。

山茶花《サザンカ》が咲き始めた。

 

 

 

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です