立春も近い

今日の伊吹山はこの冬一番に白く輝いている。
風は寒の内の冷たさであるが、陽射しはもう春のものである。
鄙里の畦畔(あぜくろ)にはフキノトウが芽を出していた。
今日は睦月の晦日、日を越せばはや如月である。


今日(2018/01/31)の伊吹山。

摘み取った春の使者

この夜の献立は、ふろ吹き蕪・蕗味噌かけ、カワハギの蕪蒸し、アサリ汁だった。

 

 

 

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください