”大相撲” 何がなんだか?

九州場所前の日馬富士暴行事件に始まる大相撲問題、別の表現をすればモンゴル力士集団vs貴乃花部屋、或いは白鵬の立ち会い問題などについて、「鄙からの発信」でも多少ふれてきた。貴乃花親方が敗れた理事選も終わった最近になってから、留意しておかねばという事柄に気づいたので注記しておく。《書いておかねばと思ったのに、三日経ったら、何がなんだかになった。》

注意しておかねばと考えたのは能町みね子氏のTwitterに接したからである。能町みね子氏とは、場所前にはNHKの”しぶ五時”に出演する機会も多かった方である。
彼女のTwitterをリツイートした上でコピペておく。

◉春待ち能町みね子@nmcmnc 2018年1月31日
こんなん5分検索すれば出てくるけど、八角親方が追放したK顧問(力士のパチンコ台を作ろうとして業者から裏金を受け取った)がいま接近してるのが貴乃花親方。K顧問の背任事件を「金を返したから問題ない」と言ったのが当時の危機管理委員、宗像氏。八角親方を批判する宗像氏の寄稿を載せたのが週刊新潮。

◉春待ち能町みね子@nmcmnc 2018年2月1日
「大相撲は誰のものか」って、少なくとも宗像紀夫氏やK林氏のものじゃないと思うよ。

◉春待ち能町みね子@nmcmnc 2018年2月2日
いま理事長側の親方を叩く材料は週刊誌やテレビが湯水のように提供してくるけど、全然発言しない貴乃花親方の具体的なすばらしさについて言える人は誰かいるんだろうか。ブログでしか書かない精神論みたいなもんじゃなく。少なくとも八角親方はパチンコ利権で裏金を受け取った外部理事を解雇した。

◉春待ち能町みね子@nmcmnc 2018年2月2日
そしてその裏金の外部理事はいま貴乃花親方にすりより、貴乃花部屋パーティで乾杯の音頭を取ったりしてる。もうこれだけで構図は十分じゃないのか。

◉春待ち能町みね子@nmcmnc 2008年2月5日
LITERAは変な記事もたまにあるけど、この件についてはしっかり書いてると思う。でもタイトルはもう少し適したものがあるかな…(途中「K氏」の本名を書いちゃってるのは微笑ましい)/理事選に敗れた貴乃花親方が弟子を引き連れ豆まきした場所は、あのオカルト新興宗教団体だった。

能町みね子 日馬富士暴行問題と貴乃花親方の思想的危うさを語る
(miyearnZZ Labo)
能町みね子さんが始めた「夫婦(仮)」の真相(東洋経済)

《2018/02/07 追記》 メーテレ特番(02/07  19:00)
独占緊急特報!!貴乃花親方105日沈黙破りすべてを語る
(1)覚悟の理事選“敗れて悔いなし”全胸中を激白
(2)貴ノ岩関傷害事件とケガ全真相
(3)協会と深い溝…無言の裏で提出文書数十通 猛抗議
(4)“独りに立ち返る”相撲道貫く信念

報道ステーション(02/07  22:00)
@hst_tvasahi
◆貴乃花親方に独占インタビュー!暴行事件から100日余り。相撲協会との溝、理事の解任、理事選での落選…すべてを語った。

【「貴乃花特番」を見ている。】
貴乃花親方は、大相撲の在り方とは神事と文化を守ってゆくべきだと語る。相撲の所作は心を形で残してゆくものと語る。スポーツである相撲競技や興行としての大相撲とは”何か違う一線”を画しているように聞き取れた。 テレビに映る失礼だと評されたマフラー姿は現役時代に痛めている首の神経を寒風からも守るためだったと語っている。

見終わって思うのは、まだまだ”藪の中”ということである。当初から気がかりだったことが一つある。日馬富士暴行の場に同席していた鳥取城北高校の相撲部監督とコーチの発言(証言)が未だに聞かれないことである。それに被害者貴ノ岩も未登場である。それ等が出たとしても藪の中は藪の中か。

 

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です