日本地図のもう一つの見方

視点を変えて見る重要さを知ると云う意味で、日本地図の角度を変えることを勧めてみたい。角度を変えて日本地図を眺め直してみると、全く違った景色が見えてくる。

普通の日本周辺地図 (出典 Google Map)方位を北にする小学校以来、地理の教科書で見慣れた地図である。西に中国大陸があり、朝鮮半島が位置する。北西方にはロシアが位置する。東は日本海溝と太平洋を隔ててアメリカ大陸が位置する。見慣れた日本地図はいつの間にか固定観念を生み出し、いつかそれに囚われている。

角度を変えてみる。(出典 Google Map)

180度回転させてみると違った景色が見えてくる。日本列島はユーラシア大陸の大陸棚の端に位置しているのである。日本海は広い内海だったのだと改めて知らされる。沖縄や九州と中国の位置関係も、高句麗や渤海と能登半島や十三湊の位置関係もよく見えてくる。

時あたかも南北朝鮮首脳会談が板門店で開催されている。

 

 

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください