投稿者「Nobuo Morishima」のアーカイブ

鄙里・霜月の彩り

今日は霜月朔日。2018年も残すところ二ヶ月、年明ければ平成が終わり新しい年号が始まる。さていつもいつも、そんなに記すことがあるわけでもなし、そこで鄙里の秋の彩りをグラビア記事風に。Continue reading «鄙里・霜月の彩り»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: , | コメントする

秋の桜

秋桜とはコスモスの異名であるが、ここでは文字通り秋の桜である。各地で季節外れの桜が咲いていると報道されているが、我が鄙里では如何かと見廻ってみたら、我が家の庭先でも季節外れの桜が咲いていた。Continue reading «秋の桜»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

この秋も採れた

もうこのサイトは休止でも閉鎖でもいいかと思いながらも、記事掲載が十日も空くとなにか気になって、なにか新しい記事を上げなければと少しは強迫感がある。そこで、鄙里の秋の定番、今年も採れたである。この強迫感を感じなくなれば、「 […]Continue reading «この秋も採れた»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

士協会の研究発表を聞いて

日経ネットに載る日本公認会計士協会 会長 関根愛子氏のインタビューを引用して、語句を入れ替えてみた。《公認会計士を不動産鑑定士に入れ替えてみた。》 岐阜県士協会の研究発表「地理空間分析と公的評価」を取りまとめて記事にしよ […]Continue reading «士協会の研究発表を聞いて»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

岐阜県士協会創立40周年

10月5日に公益社団法人岐阜県不動産鑑定士協会の創立40周年(前身の岐阜県部会設立1978年)並びに社団法人設立25周年(1993年設立認可、公益社団法人移行は2011年)の記念行事として「地理空間分析と公的評価」と題す […]Continue reading «岐阜県士協会創立40周年»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

秋晴れなのに野分襲来

今週末には台風24号が日本列島を縦断すると予報されている今朝、数日来続いてた雨が上がり、空は雲ひとつない秋晴れである。Continue reading «秋晴れなのに野分襲来»

カテゴリー: 四季茫猿 | コメントする

鄙里の話題二つ

鄙里の土手の彼岸花(曼珠沙華)は満開である。近在の津屋川土手には比肩すべくもないけれど、これはこれで それなりになのである。話題その二はショッピングセンター跡に開業予定のmoriwaku market についてである。Continue reading «鄙里の話題二つ»

カテゴリー: 四季茫猿, 濃尾点描 | コメントする

先が見えてきたか旅支度

先号記事からいつの間にやら二週間が過ぎ、鄙里は秋の気配が濃くなってきた。続く暑熱のなか、土手の草刈りをウカと先延ばしていたら彼岸花が咲き始めた。ウオシュレットの洗浄水が冷っこく感じられる朝に、サイトの記事下書きを掘り返し […]Continue reading «先が見えてきたか旅支度»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

台風21号の顛末

台風21号は風に流された2500tタンカーが関空連絡橋を破損するなど、大阪湾周辺に大層な暴風被害を残していった。当地も台風の進行方向右側に位置し、相当の強風に見舞われた。岐阜市での最大風速が40m/sだから、遮るもののな […]Continue reading «台風21号の顛末»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

茫猿の駄句・冗句

ふと思い立って、と云うよりも為すことなく猛暑の昼下がりを過ごしながら、ふと思いついて、このサイトに記録する駄句・冗句を抜き出し取りまとめてみようと考えた。句会に参加した経験があるわけでも、俳句を真面目に勉強したことがある […]Continue reading «茫猿の駄句・冗句»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする