書籍」タグアーカイブ

福島に生きる:玄侑宗久

通販でオーダーしてあった玄侑宗久師の本が三冊届いた。 「福島に生きる」、「さすらいの仏教語」、「禅語遊心」である。 玄侑師の著書は既に何冊か購入している。 芥川賞受賞作である“中陰の花”をはじめ、“龍の棲む家”、“阿修羅 […]Continue reading «福島に生きる:玄侑宗久»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

いちばん長い夜に

表題の「いちばん長い夜に」とは、乃南アサ氏の最新刊である。 「いちばん長い夜に」 乃南アサ著:新潮社 は、「いつか陽のあたる場所で」、「すれ違う背中を」に続くシリーズ三作目である。 シリーズ三作目といっても、”おなじ釜の […]Continue reading «いちばん長い夜に»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

視点を転じると云うこと

上京の折に立ち寄った書店の、棚のなかから目に留まった文庫本がある。 「幕末史:半藤一利著・新潮文庫」である。 目に留まったというのは、帯に記してあった「反薩長史観」という言葉に惹かれたのである。 帯はこう記している、「こ […]Continue reading «視点を転じると云うこと»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

我、拗ね者として

本田靖春というノンフィクション作家がいる(いた)。 1933年生まれ、1955年読売新聞入社、1971年読売新聞退社、2004年死亡。 彼の最後の著述に「我、拗ね者として生涯を閉ず」がある。 彼の自伝とも云える作品であり […]Continue reading «我、拗ね者として»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

事例資料:A案開示の日?

新スキーム改善問題を考える上で欠かせないのは、取引価格情報提供制度創設の頃の背景、そして創設の趣意である。 この創設趣意を読みとることができるのは、土地基本法16条並びに国土審・土地政策分科会・土地情報WG・中間報告(2 […]Continue reading «事例資料:A案開示の日?»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 | タグ: , | コメントする

古稀の手習い

古稀即ち数え歳七十(満六十九歳)にはまだ若干の間がある。 でも古来稀なる歳も今や世間にありふれた普通のことよと、自らが近づいて初めて実感している。 古稀とは頭に霜をおき、腰曲がり皺深き老爺のことと思っていたが、いざ自分が […]Continue reading «古稀の手習い»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | 1件のコメント

雨続きの春先

 この冬が寒かったせいでもなかろうが、この春は雨続きで畑が乾く間もない日が続いている。 ぼちぼち、春の種蒔きのために畑を耕さなければならないのであるが、湿った畑に鍬をいれる訳にはゆかないから、切歯扼腕の日々が続いていると […]Continue reading «雨続きの春先»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: , | コメントする

蜩の記と蝉しぐれ

「蜩(ひぐらし)の記」、第146回直木賞受賞の葉室麟氏作品である。蜩の記を書店の平積みで見かけ、手にとって直ぐに思ったのは蝉しぐれである。 「蝉しぐれ」は1988年、藤沢周平作品である。 即座に買い求めて一気に読み終わっ […]Continue reading «蜩の記と蝉しぐれ»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

雑多に乱読

申し訳ない、雑多に乱読とは、馬から墜ちて落馬した式表現でした。 でも直す気はしないので、やはり雑多に購入して乱読というところでしょうか。 NSDI-PT関連で書いておきたいこともあるし、[Website Weblog T […]Continue reading «雑多に乱読»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: , | コメントする

銀二貫

高田郁の「八朔の雪」を一息に読み終えてから、彼女の他の二作「出世花」と「銀二貫」も読みたくなって、岐阜市内の書店をはしごした挙げ句、銀二貫だけを書棚の隅で見つけました。 惹句に偽り無し、この書も一気に読み終えました。 大 […]Continue reading «銀二貫»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする