茫猿残日録」カテゴリーアーカイブ

墓参、伊吹、河豚ちり

先月末に思い立って友の墓参りに行ってきた。お彼岸の頃か、彼の眠る境内の枝垂れ桜が満開の頃が好ましいと考えはした。だけどその頃は観光客で街がとても混雑するだろうと思えば、入学試験が終わり閑散としている今が友を偲ぶには佳い時 […]Continue reading «墓参、伊吹、河豚ちり»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: , , | コメントする

終わりの始まり

本日は73回目の誕生日である。特段の感慨もなければ出来事も無い73回目である。先号記事にちなんでいえば、また一つ終わりが始まる日であるし”冥土の一里塚”でもある。FaceB00kに誕生日を公開していないから、数日前に配達 […]Continue reading «終わりの始まり»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

始まりと終わり

先号で「とっくの昔に旬を過ぎたサイトが今更なにをという思いが離れない。老いた「鄙からの発信」はフェードアウトするに如かずと決めてからでも既に数年余りが過ぎている。」と記したら、読んでますとか楽しみにしていますなどというメ […]Continue reading «始まりと終わり»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

2/11・雪・鵯

気づけば前回の更新から半月が過ぎた。季節はまだ冬のさなかだが、まわりを見回せば春の兆しは其処此処に見つけられる。マンサクの芽も寒緋桜の蕾も膨らみを見せている。一ヶ月もすれば花咲う《わらう》季節が巡ってくるであろうから、畑 […]Continue reading «2/11・雪・鵯»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

爺婆同窓会から高野病院を考える

先日、高校の同級生が集まる新年会があった。法要や家族での外食を除けば今年始めての外呑み機会だったが、家人のご機嫌が悪くて送迎は期待できず、ハンドルを握って参加したからノンアルコール宴会だった。《往復タクシー利用では参加費 […]Continue reading «爺婆同窓会から高野病院を考える»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

2017雪景色

この冬の初雪とも云える降雪が14日から15日にかけて続いた。積雪量を計ってはいないけれどおおよそ10cm強に達したと思われる。14日朝の気温は氷点下で井戸端の蛇口が凍結していた。 15日朝にこの雪景色を撮影したのだが 、 […]Continue reading «2017雪景色»

カテゴリー: 四季茫猿 | コメントする

代悲白頭翁をよむ

大学入試センター試験初日の今日、全国的に雪模様の予報は当地でははずれた。朝方は小雪が舞っていたけれど今は《2017/01/14  08:30》晴れ間がのぞいている。とはいえ北陸など日本海側では豪雪模様のようである。毎冬、 […]Continue reading «代悲白頭翁をよむ»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

今日の蠟梅

日本一様に寒波襲来である。今朝の養老山脈は薄く雪化粧していたし、伊吹山は厚い雪雲のなかだった。2017年もすでに旬日が過ぎた。身の回りに思い煩うというほどではないが、なにかと考えさせられることの種は今年も尽きない。Continue reading «今日の蠟梅»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

2017・丁酉年に春風献上

2017年1月1日である。昨日に変わらぬ今日ではあるが、年あらたまれば想いまた新しということなのであろう。吉屋信子の「初暦 知らぬ月日の 美しく」という句を引用して年頭のご挨拶を掲載したのは2000年のことでした。 それ […]Continue reading «2017・丁酉年に春風献上»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

2016年暮れる

2016年も暮れてゆく、そこで暮れ行く歳に別れを告げつつ、いつもの由無しごとを書き連ねるのである。先ずは最近の過去記事を振り返ってみる。様々なことあり、様々なこと思う年の暮れである。 2015年暮れる (2015/12/ […]Continue reading «2016年暮れる»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする