四季茫猿」カテゴリーアーカイブ

盆過ぎて

お盆前の十二日から帰省していた長男家族が先ほど(2018/08/19  16:00)帰京した。孫娘ふたりは『まだ帰らない』などと祖父母泣かせの嬉しいことを言ってくれていたが、父親の休暇の関係もあり言い含められていたようだ […]Continue reading «盆過ぎて»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

万年青が枯れ始めた

酷暑と乾燥で万年青が枯れはじめた。名前のとおり青々としているのが常のオモト(万年青)が庭の彼方此方で枯葉を見せている。台風21号がもたらす恵みの雨を期待したのだが、畑の上っ面だけを湿らせて終わった。七月半ば以来、庭にも水 […]Continue reading «万年青が枯れ始めた»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

変な台風・12号ジョンダリ

台風12号は変な台風だった。通常はフィリッピン沖などの南西方海上で発生し、北東方向に北上するのが台風である。12号ジョンダリ(ヒバリ)は、南方海上で発生してから北上し、小笠原付近から伊豆諸島付近で北西方に方向転換し、伊豆 […]Continue reading «変な台風・12号ジョンダリ»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

言うまいと思えど

言うまいと思ったのは今日の”暑さ”である。暑い暑いと口にしたところで、涼しくなるものでなし、言えば言うほど余計に暑さつのるだけのことである。2018/07/18 岐阜県多治見市と美濃市では40度に達したという。言うまいと […]Continue reading «言うまいと思えど»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

今季二度目の防除

《高齢化し忘れやすくなっているから、翌年のために農作業記録を残す備忘録記事である。》 今日は今季二度目の防除作業を行なった。初回の防除は正しく記憶していないが、五月半ば過ぎのことと記憶する。Continue reading «今季二度目の防除»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

車、葛切り、黄檗山

今朝も常のごとく目覚める。午前四時である。外は雨模様である。今日も朝を迎えたと思う。しばらく床の中で今日は何をして過ごすかと取り留めもなく考えて時間を過ごす。 雨または曇りであるから、防除には向かないし刈り込みも雨露が邪 […]Continue reading «車、葛切り、黄檗山»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

老醜or老惨(または老汚臭)

こんな標題を掲げれば、茫猿は暗く沈んで居るのであろうと思われるだろうが、決してそんなことはない。帯状疱疹の後遺症に悩まされて居るし、血糖値や血圧の上昇下降や血液の流動性に気を使わなければならない毎日、つまり薬の服用を休め […]Continue reading «老醜or老惨(または老汚臭)»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

No.3001お祝いとお見舞い

「鄙からの発信」3000号到達のお祝いと先々月の入院騒動のお見舞いをいただいた。実名を掲げても構わないのだが、まだ現役である先様のご都合もあろうことから、AさんとNさんとしておく。Continue reading «No.3001お祝いとお見舞い»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

野バラの棘

昨日、亡き母の実家で叔母(義理仲)の三回忌法要にお参りした。そのお斎でのこと、創作料理とは称するもののあまりにも手を加え弄りすぎで、素材の風味も良さも何処へやらという料理に辟易し、皿数の多さもあったから後半の何皿かを殆ど […]Continue reading «野バラの棘»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | 2件のコメント

じゃが芋の花・疎水・小袋

罹病後に今までになくとても強く感じたことがあり、少しずつ書き進めているがまだ纏まりのつかない原稿がある。「梗塞の片鱗も認められない」などというコメントを頂いたりするものだから、余計に原稿が進まない。 昨日は今やただ一人の […]Continue reading «じゃが芋の花・疎水・小袋»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする