只管打座の日々」カテゴリーアーカイブ

帰らんちゃよか

(02/12) 正月には海外に出かけていて帰省しなかった長男と孫娘が、連休を利用する三泊四日の滞在を終えて帰京して行った。昨年末に二月の連休には帰省するとは聞かされてはいたが、直前まで帰るとも帰らないとも知らせてこなかっ […]Continue reading «帰らんちゃよか»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

銀座・泰明小学校・アルマーニ

銀座5丁目・泰明小学校(中央区立・域外通学可能な特認校)において、通学服に総額八万円にもなるというアルマーニを標準服(制服とはニュアンスが異なる)に選定したというニュースがネットを中心に駆け巡った。公立校にあるまじき贅沢 […]Continue reading «銀座・泰明小学校・アルマーニ»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

躾、体罰、そして心傷

2018/02/09付 中日新聞Web版によれば、豊橋市で、児童の頭を黒板にぶっつけた教師が停職6カ月の懲戒処分となった。県教委の発表によれば、児童に後遺症はなく、教諭は教委の聞き取りに「悪いことは承知していたが、指導に […]Continue reading «躾、体罰、そして心傷»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

”大相撲” 何がなんだか?

九州場所前の日馬富士暴行事件に始まる大相撲問題、別の表現をすればモンゴル力士集団vs貴乃花部屋、或いは白鵬の立ち会い問題などについて、「鄙からの発信」でも多少ふれてきた。貴乃花親方が敗れた理事選も終わった最近になってから […]Continue reading «”大相撲” 何がなんだか?»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

心痛む衝撃的な話

NHK・ETV特集「長すぎた入院」を視聴する。厚生労働省の公表データによれば、国内での五年以上の精神病疾患長期入院者数は十万人にのぼるという。福島原発事故により見えてきた実態を報道するこの特集は、日本社会の見えざる闇を覗 […]Continue reading «心痛む衝撃的な話»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

阪神淡路大震災から23年

23年前のこの日の朝早く、ズンと突き上げる揺れで目を覚ました。十年一昔と言えば二昔も前のことだが、三月になってから神戸に入った時、道筋の車窓から見る焼け跡の惨状が今も眼に浮かぶ。尼崎から神戸に至るあいだ、車内に漂う匂いも […]Continue reading «阪神淡路大震災から23年»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

寒の入りに蠟梅

2018年も一週間が過ぎ、今は寒中である。今年の大寒は1月20日頃、寒に入り身体が寒さに慣れてくれば立春も遠くはない。何よりも冬至(2017/12/22)を二十日も過ぎれば、陽射しが朝毎に長く暖かくなっているのを感じる。 […]Continue reading «寒の入りに蠟梅»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

戊戌《つちのえいぬ》 春風献上

明けましておめでとうございます。2018年そして平成30年の元旦である。平成も30年を迎えて、一つの時代区分としての長さを得たように思われます。同時に平成年代も残すところあと一年と4ヶ月、2019年(平成31年)4月30 […]Continue reading «戊戌《つちのえいぬ》 春風献上»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

最果てと心奥

2017年も残り二日、人の世が定めたかりそめの区切りに過ぎない年の暮れだが、それでも何やら気忙しくもあり、また名残惜しくもある。そんな暮であればこその話題を二つ。一つは果てしない宇宙のその最果てについて、もう一つはミクロ […]Continue reading «最果てと心奥»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

周平、山頭火、放哉

久しぶりに藤沢周平の本を買った。試みに検索をしていて、百余りの新発見の句が搭載された周平句集が刊行されているのを知り購入したのである。他に放哉と山頭火も書名に惹かれて同時に注文したのである。Continue reading «周平、山頭火、放哉»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする