只管打座の日々」カテゴリーアーカイブ

由なしごとを

なにごともなく五月連休が過ぎたと思ったら、その後気忙しいというか何やら追い立てられる日々が続いている。帯状疱疹後遺症である神経痛はまだ治まらない。皮膚の下を細い針で縫い上げてゆくような痛みが時おりする。右脇の下から胸元に […]Continue reading «由なしごとを»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: , | コメントする

花の季節・梅は半ばが佳し

冬の花 山茶花が終わり、早春の花 スイセンも盛りを過ぎ、ロウバイも紅梅も散った。そして、いよいよ花爛漫の季節到来である。白梅は今を極みと香り、寒緋桜が開き始めた。《他にも、マンサク、トサミズキ、サンシュユ、ヤブツバキなど […]Continue reading «花の季節・梅は半ばが佳し»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

跡まで見る人あり

昨秋に届いていた枕草子・方丈記・徒然草を、ようやくにしてほぼ読み終えた。枕も方丈も面白いが、徒然草がやはり面白い。なぜ面白いのだろうかと考えていて、ふと思いついた。Continue reading «跡まで見る人あり»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

終わりの始まり

本日は73回目の誕生日である。特段の感慨もなければ出来事も無い73回目である。先号記事にちなんでいえば、また一つ終わりが始まる日であるし”冥土の一里塚”でもある。FaceB00kに誕生日を公開していないから、数日前に配達 […]Continue reading «終わりの始まり»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

始まりと終わり

先号で「とっくの昔に旬を過ぎたサイトが今更なにをという思いが離れない。老いた「鄙からの発信」はフェードアウトするに如かずと決めてからでも既に数年余りが過ぎている。」と記したら、読んでますとか楽しみにしていますなどというメ […]Continue reading «始まりと終わり»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

代悲白頭翁をよむ

大学入試センター試験初日の今日、全国的に雪模様の予報は当地でははずれた。朝方は小雪が舞っていたけれど今は《2017/01/14  08:30》晴れ間がのぞいている。とはいえ北陸など日本海側では豪雪模様のようである。毎冬、 […]Continue reading «代悲白頭翁をよむ»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

今日の蠟梅

日本一様に寒波襲来である。今朝の養老山脈は薄く雪化粧していたし、伊吹山は厚い雪雲のなかだった。2017年もすでに旬日が過ぎた。身の回りに思い煩うというほどではないが、なにかと考えさせられることの種は今年も尽きない。Continue reading «今日の蠟梅»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

2017・丁酉年に春風献上

2017年1月1日である。昨日に変わらぬ今日ではあるが、年あらたまれば想いまた新しということなのであろう。吉屋信子の「初暦 知らぬ月日の 美しく」という句を引用して年頭のご挨拶を掲載したのは2000年のことでした。 それ […]Continue reading «2017・丁酉年に春風献上»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

絵葉書と切手

茫猿は到来物の御礼、世話になった御礼、御馳走になった御礼には絵葉書を使う、電話やMailは使わない。電話は留守だと再度の架電を忘れてそのままになる場合がある。Mailは埋没して見過ごされることがある。だからアナログ的な手 […]Continue reading «絵葉書と切手»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

白鬚神社縁起

今年11月から来年10月にかけては、四年に一度巡ってくる集落の氏神様祭典係当番にあたっている。 氏神は白髭《シラヒゲ》神社と云う。神社は1903年の大榑川締切りにより廃堤となった旧大榑川堤防跡《堤防小段》に鎮座している。 […]Continue reading «白鬚神社縁起»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする