只管打座の日々」カテゴリーアーカイブ

総理の軽さと日本の軽さ

米国大統領選挙にトランプ候補が勝利したのは11月09日、安倍総理がニューヨークのトランプ氏私邸で世界のトップをきってトランプ大統領予定者と会談したのは、選挙の余韻も醒めやらぬ11月17日である。これをどのように評価するか […]Continue reading «総理の軽さと日本の軽さ»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

今しかないのだから

つくづくと便利な世の中になったものだと思わされる。孫娘のことである。祖父母は鄙里に住い、孫娘親子は東京に住んでいる。年に何度か孫たちは帰省して成長した姿を見せてくれるが、日々の生活の様を見ることはかなわない。Continue reading «今しかないのだから»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

秋愁・秋霖

長雨の九月が終わっても長雨の季節が続いている。秋雨前線活発とも秋霖ともいう。この秋の長雨は異常とも云えるもので、日照時間が平年の三割程度と云われている。長雨で野良仕事が出来ないからモニターに向かう時間が増えているのだけれ […]Continue reading «秋愁・秋霖»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

川上量生氏!

川上量生《のぶお》氏とは、IT関連企業ドワンゴ創業者である。現在はカドカワ株式会社代表取締役社長、株式会社ドワンゴ代表取締役会長にして学校法人角川ドワンゴ学園理事などを務める。1968年生まれの47歳である。1997年4 […]Continue reading «川上量生氏!»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

四連覇ということ

《2016/08/18 FB書込みより》 女子レスリング、登坂、伊調、土性、三人娘揃って決勝進出。 《 04:09》今夜は寝られない。 《05:53》先ず登坂が金メダル。笑顔の無い銀メダリストが印象的。 《07:15》伊 […]Continue reading «四連覇ということ»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

原爆忌そしてポケモンGO

昨日の記事で、立秋前後は季節の移ろいに感傷的になる時季だと書きましたが、感傷的にならざるを得ない”おおもと”を書き落としていました。日付が変わった深夜の今、思い返すと、忘れていたわけに思い当たります。それは先月半ばより三 […]Continue reading «原爆忌そしてポケモンGO»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

立秋の夕風

立秋の頃《08/07》から旧盆《08/15》にかけては季節の移ろいと云うか、交差してゆく季節を一年で一番感じるように思います。空は水蒸気の多い夏空から日に日に澄んでゆきますし、日陰の濃さが極まってゆく感じがします。Continue reading «立秋の夕風»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

離れることの大切さ

この記事については、幾つかの原稿メモを眺めながら、何をテーマに記すか迷っている。迷うには理由がある。実はこの投稿は2,799号目の記事なのである。2,800号記事については既に原稿がほぼ出来上がっており、後は若干の推敲を […]Continue reading «離れることの大切さ»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする

献杯そして墓前にて

死者は墓にも仏壇にもいないと、さる知者はいう。ではなぜ墓や仏壇にお参りするのかと云えば、墓や仏壇が死者につながる糸口だからである。死者に再会する案内口であるとも云う、墓地や仏壇を通じて死者に出会おうとするのである。Continue reading «献杯そして墓前にて»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

絵手紙届いた

絵手紙が届いた。雨の日に届いて濡らしてしまったのが残念なことだが、美しい筆跡と温もりのある絵柄の葉書である。Continue reading «絵手紙届いた»

カテゴリー: 只管打座の日々 | コメントする