」タグアーカイブ

北紀行§6 ノロッコ列車

2012.08.04 07:03 昨夜というよりも日付の変わった深夜の酒がたっぷりと残る茫猿は、札幌発おおぞら1号の乗客となるのである。 釧路着は10:51、釧路からは待ち時間無しで10:56発 釧路湿原ノロッコ2号に乗 […]Continue reading «北紀行§6 ノロッコ列車»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | タグ: | コメントする

北紀行§4 札幌市電

2012.08.03 北紀行のなか日は、この旅本来の目的である北海道不動産鑑定士協会と岐阜県士協会との親睦行事が行われる。 親睦行事は午後の研修会から始まるので、午前中の空き時間を利用して札幌市電を踏破するのである。 先 […]Continue reading «北紀行§4 札幌市電»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | タグ: | コメントする

北紀行§3 最北の駅

2012.08.02 今日は市電と並んで今回の旅の目的の一つ、日本北端の駅を訪ねる日です。 旭川駅からノロッコ列車に乗って美瑛・富良野を訪ねラベンダー畑を見るパートナーとは別れて、09:12旭川駅発、宗谷1号の乗客となり […]Continue reading «北紀行§3 最北の駅»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | タグ: , | コメントする

北紀行§2 カスベ?

2012.08.01 07:04 函館発北斗1号乗車、札幌には10:18着、札幌発10:30のカムイ1号に乗換えて、11:50旭川着。 函館を発つ前に早朝五時から開けているという、函館駅前すなわち宿の隣の函館朝市に向かい […]Continue reading «北紀行§2 カスベ?»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | タグ: , | コメントする

北紀行§1 路地奥カズエ

2012.07.31 08.00 常滑中部空港を発った茫猿は、長野県上空では遠くに富士山を眺めて、09:30 函館空港に降り立ちました。 暑い岐阜から涼しい北海道へと思っていましたが、函館も岐阜に変わらない30度を超える […]Continue reading «北紀行§1 路地奥カズエ»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | タグ: | コメントする

駿河湾フェリー

05/23 最終理事会終了後は会長主催のお別れ懇親会が開かれました。 席上、一年間の聞きようによっては小舅的言辞の数々をお詫びしましたが、「もうあの小うるさい顔を見なくて済む!」というのが、執行役員の皆様の本音であろうと […]Continue reading «駿河湾フェリー»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の吠える日々 | タグ: | 1件のコメント

阪堺電車

過日(05.13)、REA-7と名付けたグループの会合が大阪であった。 REA-7とは不動産鑑定士三次試験実務修習の第七期(1971年)同期生のうち、年頃を同じくする有志の集まりである。 若い頃は年に一回以上は各地持ち回 […]Continue reading «阪堺電車»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ | タグ: , | コメントする

久闊を叙して御衣黄

花見の喧噪が終わった先週のこと、卒業以来半世紀ぶりに古い友人たちと京洛に遊びました。半世紀ぶりに顔を合わせたというわけではなくて、ゴルフ旅行などでは時折に会ってはいましたが、京都に顔を揃えたというのは実に半世紀ぶりのこと […]Continue reading «久闊を叙して御衣黄»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ | タグ: , , | コメントする

鮨・蕎麦・桜

島暮らしの次男を応援に出掛けていた家人の慰労をかねて、(12.04.14)奥琵琶湖の桜を訪ねてきました。 ろくに下調べもせず、思い立ったが吉日、土曜日だけど雨の日だから道路も混んでいないだろうと、思い込みだけの出発でした […]Continue reading «鮨・蕎麦・桜»

カテゴリー: 四季茫猿, 線路ハ何処迄モ | タグ: , , | コメントする

海浜鉄道&臨海鉄道

2012.03.29 水戸市からは鹿島・大洗方面に鹿島臨海鉄道大洗鹿島線が出ていますし、一つ仙台よりの勝田駅からは那珂湊方面にひたちなか海浜鉄道湊線が出ています。Continue reading «海浜鉄道&臨海鉄道»

カテゴリー: 只管打座の日々, 線路ハ何処迄モ | タグ: | コメントする