映画」タグアーカイブ

フェイス ブック

冬着が暑くて重く感じるなと思えば、すでに立春を過ぎて三日である。 寒い冬をとおり越せば、わずかな気温差でも春の訪れを心地良く感じる。 つくづく 人間というものは、慣れという特質に生きる生物だと思わされる。 ひさしぶりに映 […]Continue reading «フェイス ブック»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | 1件のコメント

Railways

Railwaysとは、49歳で自らをリストラし鉄道の運転士になった男の物語です。 昨年春に乗った一畑電車が懐かしかったし、中井貴一さんと奈良岡さんが好きだから観たのですが、物語の背景になっている奈良岡さんと中井貴一さんが […]Continue reading «Railways»

カテゴリー: 只管打座の日々, 線路ハ何処迄モ | タグ: | コメントする

雑多に乱読

申し訳ない、雑多に乱読とは、馬から墜ちて落馬した式表現でした。 でも直す気はしないので、やはり雑多に購入して乱読というところでしょうか。 NSDI-PT関連で書いておきたいこともあるし、[Website Weblog T […]Continue reading «雑多に乱読»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: , | コメントする

金色の信長像

岐阜駅前にこの秋金色の信長像が建立された。 (以下、当時の報道記事より) JR岐阜駅北口駅前広場の完成記念式典が9月26日に行われ、市長が「長年の懸案だった駅前広場がようやく完成した。今年は市制120周年。市の大きな飛躍 […]Continue reading «金色の信長像»

カテゴリー: 濃尾点描 | タグ: | コメントする

実写が語るもの

早くも上映スクリーンが少なくなっている「劔岳」を一昨日に、「セントアンナの奇跡」を今日の早朝上映で観てきました。 劔岳は小スクリーンながら入りはマアマアでしたが、セントアンナは閑散としていました。 どうも茫猿好みの映画は […]Continue reading «実写が語るもの»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

この月末は映画鑑賞

観たい映画が目白押しである。 この月末は映画鑑賞週間としたいのだが、生憎と仕事が立て混んでいるし、野暮用も少なくない。 何を優先するか悩むのである。 先ず野暮用は不義理にする、仕事は今やそれなりにということで佳かろう。 […]Continue reading «この月末は映画鑑賞»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

グラン・トリノ

グラン・トリノとは何のことかと思ってたら、1972年製フォード車のことだった。ツードアハードトップ、コカコーラボトルシェイブの車のことである。 当時の米車ならば同じフォード車のマスタングが好きだった。やはりコカコーラシェ […]Continue reading «グラン・トリノ»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

陽溜まり

NSDI-PTは順調に推移しています。 プロトタイプ版モデルも公開β版に向けてチューニングを進めていて、今月末までにはREA-INFOを通じて全国の鑑定協会会員宛に、「NSDI-PT:REA-MAP」のURLなどをお伝え […]Continue reading «陽溜まり»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする

新楢山節考

鑑定業界の様々な事象を考えるときに最も問題だと思われるのは、少なからぬ鑑定士諸士に見られる「思考停止」と言わざるを得ない姿勢である。そしてこれらは現在の社会全般を覆う傾向と相似の関係にあると考えざるを得ないのである。Continue reading «新楢山節考»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 | タグ: | コメントする

老いを描く四作品

1/14から1/17にかけて BS2:衛星映画劇場では、老いをテーマとする四作品が放映される。 老境を迎えつつある者にとっては心構えを知るために、老境がまだ遠い者にとってはいつか行く道であることを知るために、見ておきたい […]Continue reading «老いを描く四作品»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: | コメントする