車、葛切り、黄檗山

今朝も常のごとく目覚める。午前四時である。外は雨模様である。今日も朝を迎えたと思う。しばらく床の中で今日は何をして過ごすかと取り留めもなく考えて時間を過ごす。

雨または曇りであるから、防除には向かないし刈り込みも雨露が邪魔をする。でも草刈には暑さが邪魔にならないから草刈日和である。今日は草刈の日と決めてから、昨日のことを脈略もなく思い出す。

続きを読む «車、葛切り、黄檗山»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

老醜or老惨(または老汚臭)

こんな標題を掲げれば、茫猿は暗く沈んで居るのであろうと思われるだろうが、決してそんなことはない。帯状疱疹の後遺症に悩まされて居るし、血糖値や血圧の上昇下降や血液の流動性に気を使わなければならない毎日、つまり薬の服用を休めない日々であるが、それなりに気張って過ごして居る。この標題は「横井也有の鶉衣」や「天野 忠の老醜」をふと思い出した時の検索フレーズである。老汚臭は「ロウオシュウ」と打ち込んだら誤変換されたもの。それもアリかということで。

続きを読む «老醜or老惨(または老汚臭)»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

ベスト16入りの評判様々

W杯ロシア大会、日本はグループHを1勝1分1敗、警告数の差で勝ち上がった。ポーランドとの第3戦、終盤十数分のチンタラチンタラしたパス回しによる時間稼ぎは会場のブーイングを巻き起こした。

これをサムライのリアルというか、サムライの美学に反するとするか評価は別れるだろう。勝ち上がりを優先するリアルといっても「0−1」で終われば、必ず勝ち上がれるものでもない。同時試合進行のセネガル・コロンビア戦でセネガルの逆転勝利や引き分け持ち込みだってあり得る訳で、その意味では十数分間のチキンレースでもあったはずである。この件に関して、ネットには好嫌様々な評価が溢れている。

続きを読む «ベスト16入りの評判様々»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

No.3002・契約と競争-2

前々号に続き「契約と競争-2」である。連合会が2018.06.19公開した「不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」について論じてみるのである。前々号記事で不動産鑑定評価受任者選定に際して、価格(報酬)競争が横行する弊害について考えたが、本号記事では発注者である国や地方公共団体が受任者選定に際して「価格(報酬)競争」を採用する理由を考える。地元士協会より取り寄せた「不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」全文PDFはこちら20180627kenkai

この全文PDFなぜか地元士協会に問い合わせよと言うのである。連合会公式サイトにPDFリンクを張っておけば済むものを、なぜ地元会を迂回させるのか理解できない。

続きを読む «No.3002・契約と競争-2»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

No.3001お祝いとお見舞い

「鄙からの発信」3000号到達のお祝いと先々月の入院騒動のお見舞いをいただいた。実名を掲げても構わないのだが、まだ現役である先様のご都合もあろうことから、AさんとNさんとしておく。

続きを読む «No.3001お祝いとお見舞い»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | コメントする

No.3000・契約と競争-1

(公社)日本不動産鑑定士協会連合会では「不動産鑑定契約のあり方に関するプロジェクト・チーム」における提言を公式見解「不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」として、その抜粋を 2018年6月19日 ホームページに公表しました。

不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」(抜粋)ひと言で言えば「不動産鑑定評価の依頼にあたっては、価格(報酬)に重点を置いた鑑定評価の受任者選定はなじまず、種々の問題が生じている、あるいは生じる可能性が極めて高いため、適切な受任者を選定できるような契約方式とすべきである」という見解です。《公社日本不動産鑑定士協会連合会・公式FBより抜粋》

続きを読む «No.3000・契約と競争-1»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | 2件のコメント

iCloudでSlide Show

AppleにiCloudというクラウドサービスがある。誰でも5GBのiCloudストレージを無料で利用でき、いつでも簡単に容量を追加できる。追加の料金も2TB確保しても月額1,300円である。かねてから、このiCloudを利用して孫たちの写真や動画を孫に連なるファミリーで共有してきた。iPhoneやMac-miniやMac-air、iPadなどで遠隔地に居住するファミリーが孫の写真を共有してきたのである。

続きを読む «iCloudでSlide Show»

カテゴリー: Macintosh, 只管打座の日々, 茫猿残日録 | コメントする

野バラの棘

昨日、亡き母の実家で叔母(義理仲)の三回忌法要にお参りした。そのお斎でのこと、創作料理とは称するもののあまりにも手を加え弄りすぎで、素材の風味も良さも何処へやらという料理に辟易し、皿数の多さもあったから後半の何皿かを殆ど手付かずで残していたら、相席のどなたかに(叔母方のどなたかであろうが、初対面とおぼしき方)何やらたしなめられた。

そこで、よせばいのに余計なお世話と一言、「この歳になると、ワガママを通させていただいております。必要以上には食べないのです。箸を付けたくないと思えば手を出しません。勿体無いとは存じますが。」《なお、お酒は頂いておりません。》

続きを読む «野バラの棘»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | 2件のコメント

梔子の花の香

クチナシ(梔子)が咲いた。花の色は梅雨空に映えて白く、甘い香りを高く放っている。カンヌ映画祭でパルムドールを獲得したことから話題になっている、06/08(金)公開の「万引き家族」。 公開日と土曜・日曜をはずして昨日(06/11月曜)観てきた。珍しく家人にも誘われて、随分と久しぶりの映画館である。1,000円だったはずのシニア料金がいつの間にか1,100円になり、チケット売り場もタッチパネルによる自動券売機に変わっていた。

続きを読む «梔子の花の香»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

沙羅双樹の花の色

沙羅双樹の花の色は白である。こう書き出して、時分々々の花の色を思った。一月は蠟梅の黄色、二月は梅の紅、水仙の白、三月は桜、四月はツツジ、五月はサツキ、そして六月は沙羅双樹(夏椿)というわけである。

続きを読む «沙羅双樹の花の色»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする