鑑定士残日録」カテゴリーアーカイブ

職能集団の社会的存在感

2018年7月26日に投稿する「復興支援に鑑定士の取組み」と題する記事をフォローして、改めて災害復興支援において不動産鑑定士の果たせるであろう役割を考えてみたい。それは職能集団としての不動産鑑定士集団の社会的存在感を考え […]Continue reading «職能集団の社会的存在感»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

復興支援に鑑定士の取組み

岡山県不動産鑑定士協会会長の白神学氏のご活躍に敬服賛嘆することしきりである。六月末の大阪府茨木市内の震災被害調査に始まり、続いて発災した「西日本H30.07豪雨」に被災した地元岡山県被害調査を始め、愛媛県、広島県と連日連 […]Continue reading «復興支援に鑑定士の取組み»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

No.3002・契約と競争-2

前々号に続き「契約と競争-2」である。連合会が2018.06.19公開した「不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」について論じてみるのである。前々号記事で不動産鑑定評価受任者選定に際して、価格(報 […]Continue reading «No.3002・契約と競争-2»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

No.3000・契約と競争-1

(公社)日本不動産鑑定士協会連合会では「不動産鑑定契約のあり方に関するプロジェクト・チーム」における提言を公式見解「不動産鑑定契約のあり方(受任者選定方式等)に関する基本的見解」として、その抜粋を 2018年6月19日 […]Continue reading «No.3000・契約と競争-1»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | 2件のコメント

GIS,基礎資料整備

某SNSにて、03/02 シンポジウム後の懇親会席上でGISについて聞きたいと、茫猿を探してた方がいたと伝え聞いた。今更に老兵がGISについて語るなど烏滸がましいが、長年取り上げてきたテーマでもあるし、「鄙からの発信」で […]Continue reading «GIS,基礎資料整備»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

ファイナル・セミナー? -2

何やら、底なし沼のような虚しさを感じている。03/02の京都シンポジウムで感じた違和感の正体に気づいたからである。前号記事で、清水ゼミが目指すScienceとArtの融合について、『”Science”とはビッグデータを駆 […]Continue reading «ファイナル・セミナー? -2»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | 2件のコメント

ファイナル・セミナー?

2018/03/02 京都駅前のメルパルクにて近畿不動産鑑定士協会連合会主催の「不動産価格指数公表の意義を考える」シンポジウムが開催された。特別講義の講師清水千弘教授は某SNSにて「選択と集中が必要…..、本 […]Continue reading «ファイナル・セミナー?»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | コメントする

Appraiser’s Social Responsibility

平成28年度 29年度・清水ゼミ in KYOTO 成果発表会を副題として、地方市場における 「不動産価格指数公表の意義を考える」 シンポジウムが京都で開催される。 主催者 近畿不動産鑑定士協会連合会 開催日時は平成30 […]Continue reading «Appraiser’s Social Responsibility»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | タグ: | コメントする

地価マップ、連合会の企画推進力-2

先号記事で、多くの人々が関心を抱くのは「不動産鑑定評価や連合会の今」ではなく「地価の推移」であり「都市の盛衰」ではなかろうか。連合会はネット世界に何をもって自らのプレゼンスを高めようと考えるのであろうかと、茫猿は考えると […]Continue reading «地価マップ、連合会の企画推進力-2»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | タグ: | コメントする

地価マップ、連合会の企画推進力-1

過日(先月末のこと)、某SNSにおいて、Land Value MAPなるものが紹介されていた。この紹介コメントの中で、コメント氏は「これ、本来はわれわれの仕事ですね。」と述べていた。このコメントに某氏は「『 これ本来はわ […]Continue reading «地価マップ、連合会の企画推進力-1»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | タグ: | コメントする