茫猿の旅日記」カテゴリーアーカイブ

紅葉狩りと蕎麦

昨日 2016/11/24 、かねて予約しておいた修学院離宮に紅葉をたずねてきました。七月初めに修学院離宮を訪ねたのですが、夏の日ざしの中で邸内を巡りながら紅葉の頃に訪ねたらさぞかし美しかろうなと思われて、帰る早々にこの […]Continue reading «紅葉狩りと蕎麦»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: , | コメントする

修学院離宮・その3

修学院離宮訪問記も”その3”となりました。ここまで離宮そのものについて書いてこなかったのは、離宮についての紹介記事はiNetに多いし、宮内庁サイトでは紹介ビデオも見ることが出来るからです。そこへ茫猿如きが何を書き加えられ […]Continue reading «修学院離宮・その3»

カテゴリー: 茫猿の旅日記, 茫猿残日録 | コメントする

修学院離宮・その2

前号に続く、鄙人茫猿の修学院離宮訪問記です。三十度を超える昼下がりの日ざしのなか、修学院離宮苑内を歩きながら桂離宮に較べて、今イチ知名度が低い理由を考えていました。桂離宮はまだ参観していないので正しい比較はできませんが、 […]Continue reading «修学院離宮・その2»

カテゴリー: 茫猿の旅日記, 茫猿残日録 | コメントする

修学院離宮・その1

《2016.07.05》京都市左京区洛北東に所在する修学院離宮を訪ねてきました。ことは2016/06/8に始まります。その日の深夜に茫猿はNHK・BSで桂離宮を紹介する番組を見ていました。見ていたら、実際に桂離宮を参観し […]Continue reading «修学院離宮・その1»

カテゴリー: 茫猿の旅日記, 茫猿残日録 | コメントする

梅小路機関庫

梅小路機関庫、茫猿の年代の鉄道ファンには懐かしい名前である。京都駅の西方約2kmに所在し、一時閉館していた蒸気機関車の扇形機関庫であり動態保存館でもある。1914年建築、1972年開館したSL保存館であり、幼い息子たちを […]Continue reading «梅小路機関庫»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | 2件のコメント

越南紀行・番外編

私は基本的に旅先では土産物を買わない。買ったとしても僅かである。両親が存命中は旅先で食べて旨かったものを一品か二品買って帰るくらいであった。今回は家人と同伴であるから何も買う必要がない。僅かにメコン民宿で呑んで旨かったベ […]Continue reading «越南紀行・番外編»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿の旅日記 | コメントする

越南紀行−10

書き綴ってきた越南紀行もぼちぼち閉じる時が近づいてきたと思う。まだまだ書き残したことも有るが、長過ぎればもともとまとまりの無い散文がさらに散々文になってしまうことであろう。 そこで日々メモ代わりに使っていたFaceBoo […]Continue reading «越南紀行−10»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | コメントする

越南紀行−9

さて、この旅も半ば以上を過ぎ、いよいよ旅のハイライト、ベトナムの海浜リゾート地・ニャチャンの海辺である。茫猿の海外旅行経験はそれ程多くない。しかも東南アジアと韓国・台湾に限られている。だから人に語れるほどのものは無い。そ […]Continue reading «越南紀行−9»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | コメントする

越南紀行−8

鉄道好きの茫猿の影響を受けてのことであろうが、マニアというほどのことは無いけれど息子たちも鉄道好きである。今回のファミリーツアーでも、ベトナム南部の大都会ホーチミンから南シナ海リゾート地のニャチャンまで夜行列車を利用した […]Continue reading «越南紀行−8»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ, 茫猿の旅日記 | コメントする

越南紀行−7

本日はメコンデルタとメコンデルタの真ん中で投宿した農家民宿について語ろう。ホーチミン市内を流れるサイゴン川も結構な大河であるが、メコン河はチベット高原に源流を発し、中国の雲南省を通り、ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス […]Continue reading «越南紀行−7»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | コメントする