研修会 in 山口

 今週末は山口県士協会主催のセミナーに講師としてお招きを頂いているから、講義の翌日からは山陰線の旅や出雲の一畑電鉄などを楽しむつもりである。 春未だしか、早春の日本海になるのか、どちらにしても駅弁、ローカル線、温泉、それに世界遺産石見銀山などをブラリ・フラフラと、予定があるようで何もない気儘旅を楽しむつもりです。 さて研修会のテーマについてである。

☆開催日時 2009年2月27日(金) 12:30 ~ 16:30
☆開催場所 山口市小郡町、新山口駅前 山口グランドホテル
☆テーマ
  「収益還元法の説得力と限界について」 堀田勝己氏
  「地方における収益還元法の精緻化について」 寺村建一郎氏
  「不動産センサス、ネットワーク、地理情報」 鄙の堂守

以上、興味や関心があるお近くの方は、お出かけになってみて下さい。
※山口会のお求めに応じて、用意した堂守のレジュメは次の通りである。
一、新スキーム(2004.09.02)
・取引価格事例収集、分配調査、年間150~200万件のデータ
・土地取引悉(全数)皆調査、不動産センサス
・配分法、複合不動産情報
・緯度経度情報
・予備システム(REA-NET)の運用
二、ネットワークシステム(2006.06.01)
・安全管理、利便性、効率性  
・地価公示評価書オンライン納付
・地価公示全資料オンライン納付 フォーマット改訂
・資料のデジタル化管理
・取引事例、選定調書、点検調書、ストリートビュー
三、地理情報と不動産鑑定評価(不動産と地図)(2008.06.17)
・取引価格情報の開示(協会パブリックコメントはA案)
・事例資料の三次元化と一覧性
・時系列分析プラス地理的分析
・不動産市場のマーケティング&鑑定評価市場のマーケティング
・デジタル化データ&数値比準表
四、公益法人制度改革(2008.12.01)
・特例民法法人
・固評の位置付け並びにGIS化との関連

関連の記事

カテゴリー: 茫猿 's Who パーマリンク

研修会 in 山口 への1件のフィードバック

  1. 寺村 建一郎 のコメント:

    研修会ではお世話になりました。
    岡山や九州方面からの参加者も多かったみたいで、質問の多さにはビックリしました。
    仕事とのバランスであんまり多いのも大変ですが、こうした研修の機会を設けてもらえると、普段の実務の中で疑問に思っていることに取り組むことができて有意義に活用させてもらっています。
    また、今回は地方同士の交流ということで、普段かかえている問題が似通っているというもの研修会後の懇親会の席でもよくわかりました。
    取り急ぎ、お礼まで。
    (有)寺村不動産鑑定所 寺村 建一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です