春の海

”春の海”とは、些か陳腐なテーマであるが、でも今頃の海辺は心癒される。お彼岸過ぎの陽射しは時に汗ばむくらいだが、浜風はまだ冷たい。それでも昼頃には暖かな風に変わってくる。

縁者が瀬戸内・豊島の写真をSNSにアップしていた。穏やかな春の海と波をうまく捉えていた。「春の海 ひねもすのたり のたりかな(蕪村)」である。海を眺め風に吹かれて、浜辺で終日(ひねもす)昼寝をしていてみたいものである。縁者の投稿写真にいささか編集の手を加えてみたのが、これらの画像。《縁者の方、ご寛恕あれ。》

靄(もや)がかかる海に漁舟一つ、出漁なのか、港に帰るのだろうか。穏やかな昼下がりの海をフェリーが往く。そして沈む夕陽、明日も晴れるだろう。彼のファイルにはこんな写真もある。

瀬戸内・豊島には、こんな風景もある。蒼い海へダイビングする島の道。

瀬戸内芸術祭の島、豊島を訪ねたいとお考えの時は、こちらから。
瀬戸内・豊島の写真はこちらでご覧ください。

 

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください