茫猿の吠える日々」カテゴリーアーカイブ

SMAP空騒ぎ

二、三日前からiNetで騒がれていたし、夕食時に家人が十時から生会見があるというから、チャンネルをフジテレビ・ビストロSMAPに合わせてみて驚いた、唖然とした。それからしばらくTwitterを拾い読みしていたら、茫猿も書 […]Continue reading «SMAP空騒ぎ»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | コメントする

事の源は何処に

年始以来、久方ぶりにまとまった雨が降る今朝である。首都圏では交通障害が懸念される降雪であり、北日本などではこの冬最大の降雪量が報道されている。我が鄙里では、木々にとって恵みの雨であり、些か気が早い表現だが木の芽起こしの雨 […]Continue reading «事の源は何処に»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | コメントする

デジャヴ感覚

デジャヴ《既視感》を感じたのである。 去る05.11、岐阜市内で開催された研修会を傍聴してのことである。《研修会とはこの催しである》Continue reading «デジャヴ感覚»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

菜種梅雨

菜種梅雨という気候用語が存在するのは知っていたけれど、今年の菜種梅雨は異常である。報道によれば、東海地方における四月前半の日照時間数は例年の五分の一であるという。晴れの日というよりも雨の無い日が二日続いた記憶が無い。畑は […]Continue reading «菜種梅雨»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | コメントする

花見酒到来

商業地の地価上昇や下げ止まり横ばい傾向を報じる地価公示価格の公表とともに小粋なラベルを貼った吟醸酒が畏友から届けられた。 業歴五十年を記念してのご挨拶と云うご趣旨だそうである。Continue reading «花見酒到来»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | コメントする

俯瞰《鳥瞰》と仰観《虫観》

雨水の節季は過ぎ、三日に一度は木の芽起こしの雨が降るこの頃である。啓蟄にはまだ間があるが、日射しの温かい昼間には小虫も飛び交うようになった。 この冬のあいだの日課としていた柿の粗皮削りと畑の耕起も数日前に終わったので、今 […]Continue reading «俯瞰《鳥瞰》と仰観《虫観》»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | コメントする

自公圧勝予測:争点隠し選挙

12.04付けの全国紙朝刊では、自公、300議席超す勢い…衆院選序盤情勢《読売新聞》、「自民300議席」予測の衝撃 野党連携の効果見えず《朝日新聞》などと解散直後の世論調査結果が報じられている。 「Yahoo! JAPA […]Continue reading «自公圧勝予測:争点隠し選挙»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 | コメントする

2014.07.01という日付

2014.07.01 安倍内閣は集団的自衛権の“限定的”行使に道を開く閣議決定を強行した。戦後七十年の日本の歴史を全否定するに等しい解釈改憲という禁じ手を用いた日として、歴史に記録されるだろう。Continue reading «2014.07.01という日付»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 | コメントする

立憲デモクラシーの会:記者会見

2014年6月9日立憲デモクラシーの会緊急記者会見(衆議院第一議員会館)が行われ、その会見要旨が文字起こしされて、幾つかのサイトに掲載されている。 一連の問題を考える上では、立憲デモクラシーの会に集うメンバーと、集団的自 […]Continue reading «立憲デモクラシーの会:記者会見»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々 | コメントする

集団的自衛権の七不思議

集団的自衛権というものがよく判らない。ましてや限定的集団的自衛権なんてものは、さっぱり判らない。 限定とか制限とか、最近のマスコミを賑わせているが、決定的なことが抜け落ちている。些末なことのみに議論が集まっているように思 […]Continue reading «集団的自衛権の七不思議»

カテゴリー: 茫猿の吠える日々, 茫猿残日録 | コメントする