年賀」タグアーカイブ

2017・丁酉年に春風献上

2017年1月1日である。昨日に変わらぬ今日ではあるが、年あらたまれば想いまた新しということなのであろう。吉屋信子の「初暦 知らぬ月日の 美しく」という句を引用して年頭のご挨拶を掲載したのは2000年のことでした。 それ […]Continue reading «2017・丁酉年に春風献上»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

春風献上 丙申元旦

明けましておめでとうございます。 皆様には佳き初春をお迎えのことと存じます。1999年1月に始めました「鄙からの発信」は、「鄙からの発信・残日録」と名を改めながら十八年目を迎えました。あれやこれやと由無しごとを書き連ねた […]Continue reading «春風献上 丙申元旦»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | 2件のコメント

年賀状・我が佳き友よ

目覚めたら《朝5:00》、窓の外がほの明るい。窓を開ければ年末《12.18》以来の雪景色である。元旦に配達された賀状を整理しながら、年賀状の交歓も悪くないなと考えさせられた。Continue reading «年賀状・我が佳き友よ»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

春風献上 乙未新春

明けまして おめでとうございます。 皆様とご家族にとって、2015年が佳き年であれと、 祈念申し上げます。Continue reading «春風献上 乙未新春»

カテゴリー: Macintosh, 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

2014年賀

2014年 謹賀新年 今年の賀状を掲載して年始のご挨拶と致します。 気の利いた賀状はできなかった。 宛名くらいは手書きでと考えていたが、ペンをもつことも少なくなったから、悪筆にさらに拍車がかかって、結局 手書きは断念した […]Continue reading «2014年賀»

カテゴリー: 止揚学園の人々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

2012/2013

歳末に宛名書きをする予定だった賀状を、ようやくに書き始めている正月の二日です。 2012年も押し詰まった12/30早朝、長男に娘が誕生しまして、様々な憂き世の義理なども果たすために、年を越して群馬県まで見舞いに行って参じ […]Continue reading «2012/2013»

カテゴリー: 四季茫猿, 止揚学園の人々 | タグ: , | 1件のコメント

2013迎春

春風献上申し上げます この春も皆様方には幸い多かれと あらたまの歳の初めを言祝ぎ申し上げます。 今年は数えで70歳、つまり古稀を迎えます。 昨今は鑑定業界に関わるNSDI関連などの用務も務めながら、 多くの日々は晴耕雨読 […]Continue reading «2013迎春»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: , | コメントする

春風献上

2012年の祝詞にかえて、今年の賀状をお届けします。 Webではお届けできますが、リアルでは宛名書きが捗っていなくて発送未了です。 松がとれるまでには、発送したいと考えているのですが、どうなることやら。 雑煮を食してから […]Continue reading «春風献上»

カテゴリー: 止揚学園の人々, 茫猿 's Who | タグ: | 1件のコメント

2011元旦

今年の元旦記事は、恒例のお千代保稲荷門前における止揚学園の募金活動「知能に重い障害をもつ人たちに心の連帯を」のみです。賀状も初詣もありません。 学園の募金活動は、スタッフの皆さんが寒いなか門前で浄財をいただくことから、社 […]Continue reading «2011元旦»

カテゴリー: 止揚学園の人々 | タグ: | コメントする

迎春の準備

迎春の準備といっても、喪中の茫猿にするべきことは限られている。 松飾りも鏡餅も無い迎春である。年賀状は当然のごとく出さず、年を越えてからの寒中見舞いで近況報告に替える予定である。 とはいっても、多少の掃除に、黒豆、花豆、 […]Continue reading «迎春の準備»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする