㐂壽・内々祝

先月24日に「喜寿それで?」、今月7日に「2020・㐂壽翁の墓参」なる記事を掲載しているから、読者諸氏には既にお判りのことと思いますが、茫猿は今月、数え年にて喜寿を迎えます。数え77歳と云うことです。《度々、㐂壽なる文字を使えば、ブラウザーによっては文字化けのおそれがあるから、以下は喜寿と記す。》 そこで、その予定原稿を前日の早朝というよりはまだ深夜に記している。”泣く子はイネガー”と早起きする茫猿なのである。

続きを読む «㐂壽・内々祝»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

ダイアモンド・プリンセスの顛末

クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗船した神戸大教授・岩田健太郎氏の報告はショッキングなものでした。岩田氏は、船内の感染対策はずさん極まるものとして、政府の隠蔽体質を痛烈に批判したのです。《日刊ゲンダイの惹句より引用》
神戸大教授・岩田健太郎氏、並びに沖縄県立中部病院・厚労省技術参与・高山義浩氏、そして厚労省副大臣橋本岳氏のネット上での発言、及びこの件に関する茫猿のFB書込みを一覧整理して備忘録とする。

続きを読む «ダイアモンド・プリンセスの顛末»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

何の脈絡も無しに

別に三行記事があったって良いではないかと思う。
そんな訳で、何の脈略も無しに伊吹山雪化粧のはなし。

続きを読む «何の脈絡も無しに»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

茫猿鉄道の拘り-2-

第八期の茫猿鉄道ジオラマ製作も、一つの頂点に達したと一度は思えたが、結局のところ不満は解消できなかった。挙句、せっかく製作した山、都合三座も隧道も隧道基盤も破却してしまったのである。この歳になって中途半端なものを作って、ジオラマを眺めるたびに満たされない思いを味わわされるよりは、もう一度基盤から製作しようと考えた。ジオラマ作り40年の集大成に挑もうと思い立ったのである。

続きを読む «茫猿鉄道の拘り-2-»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ | コメントする

茫猿鉄道のこだわり

先号記事でジオラマ作りは一応の作業は終えた、欲を言えばキリが無いと記した。でも然は然り乍らなのである。

続きを読む «茫猿鉄道のこだわり»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ | コメントする

如月の初雪

今日の(2020.02.10)当地は初雪である。積もるほどではなく地面を濡らす程度の雪であるが、随分と遅い初雪である。

続きを読む «如月の初雪»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

れいわ新選組in大垣

2020.02.09 『れいわ新選組』代表山本太郎氏が大垣市遊説にやって来た。地元大垣である。行かずばなるまい、行って話を聞き生の山本太郎を見て、会場の雰囲気を肌で味わおう。そう考えて出かけた。

続きを読む «れいわ新選組in大垣»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

2020・㐂壽翁の墓参

一度は天寧寺の枝垂れ桜を観たいといつも思うのだが、桜の頃の混雑を避けて今年も京都観光客の閑散な二月に中村くんの墓参に向かう。ところが猛威を振るう新型コロナヴィールス感染症の影響なのであろう、新幹線も京都駅も昨年よりも閑散としていた。こんなことなら枝垂れ桜の頃に訪れても良かったのではと思わされる。

続きを読む «2020・㐂壽翁の墓参»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

あれも、これも、好いもんだ

客があるとは好いものだ。久しぶりに事前に連絡をいただいた夫妻の来客があった。突然の来客であれば、そそくさと有りの侭で、さしたるおもて為しもない応対となる。ご連絡をいただけば拭き掃除もするし、茶菓子を用意しお持ち帰り頂く手土産も整える。

続きを読む «あれも、これも、好いもんだ»

カテゴリー: 茫猿残日録 | コメントする

茫猿鉄道のその後

2020年立春まぢか、茫猿鉄道その後に追加する工事の記録である。

続きを読む «茫猿鉄道のその後»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ | コメントする