訃報

あかはぎ(朱萩)を 散り敷いて むくろせみ(骸蝉)

とうとうこれを超える句を詠むことはできずに今生のお別れを申し上げます。
生前何やかやとお世話になりながら、格別の暇乞いもなく消え去りゆく非礼をお許し下さい。
今生に未練が無いと言えば嘘になりますが、長く人生を共にして来た友人が一人また一人と逝った今は、此岸への未練よりも彼岸への懐かしいような憧れが大きくなっております。

死者からの挨拶など縁起でもないとお怒りかもしれませんが、私の遺言により息子二人が死後旬日を経てから訃報として掲載する記事です。家族のみの密葬を遺言し、何かとご多用な世間様にいたずらにご迷惑を掛けることの無いようにと申し置きました故のことですから、彼らを糺すこと無きように願います。

また御香志や供物などの憂き世の義理もご無用に願います。あれやこれやと書きつづりたいこともございますが、今や全てが詮無い由無しごとに思えます。

では、皆様の長きご厚情にお礼申し上げて失礼致します。さようなら。

2020年10月5日月曜日(最終更新日)
鄙の桜守り・茫猿こと(亡)森島信夫 拝

『死亡日時 2020.10.02』
発信者:故人長男

2020.10.05 故人宅風景

(以下、父に代わりまして、息子より生前の御厚誼を謝しお礼申し上げます)

父 森島信夫儀 天寿を全ういたし去る2020年10月2日、行年77歳の生涯を閉じました。
本来なら早速お知らせすべきところでございましたが、ご通知が遅れました事を深くお詫び申し上げます。
なお葬儀は10月4日、家族葬にて相済ませました。誠に勝手ではございますが、弔問、香典、供物、弔電のご厚志につきましては固くご辞退申し上げます。

父は、ついこの7月に食道がんが判明しまして、二度の手術を受け回復を目指しておりましたが、その甲斐なく逝去いたしました。あまりにも急なことで、家族としましても、まだ父を失ったことが信じられない心境です。

生前の父は、強い信念を持ち、そして周囲への責任を果たすことを第一に考える人間でした。不動産鑑定士という職業人として、こよなく愛した故郷輪之内に住まう地域人として、そして私たち家族を守る家庭人としても、常に周囲に頼りとされる存在でした。

そのような自分に誇りを持ったまま、父はその生涯を全うすることができたことと確信しております。

父の逝去は10月2日でしたが、奇しくもこの日は、母との結婚生活が満五十年を迎えた日でもありました。この日のために、精一杯の闘病をしたのかと思うくらいです。最後まで、家庭人としての心配りを行き届かせた姿は、ほんとうに父らしいものでした。

先に掲載したとおり、このブログ『鄙からの発信』に掲載する訃報原稿の用意が残されておりました。故人らしい準備の良さですが、またせっかちであった生前の父の振る舞いも思い出され、モニターの前で思わず苦笑がこぼれております。

悲しみのなかではありますが、旅が好きだった父のことです。
「少し長めの旅に出立したのだ」、家族としてはそのような思いで、この日を受け止めております。

ここに生前のご厚誼を深謝し、故人に代わり厚く御礼申し上げます。

2020年10月5日 故・森島信夫 長男拝

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: | 2件のコメント

彌天芙敬に倣う(8月の経過-3)

このギャラリーには7枚の写真が含まれています。

 ”彌天芙敬に倣う”シリーズは漸くにして、これを終章とする。08/16にEsophageal Cancer 除去手術の為に入院して以来、約20日が経過している。術後が順調に経過すれば、無事に快癒して本日退院する予定である […]
『彌天芙敬に倣う(8月の経過-3)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(8月の経過-2)

このギャラリーには11枚の写真が含まれています。

 ”彌天芙敬に倣う”シリーズも、この章を結びにする予定であったが、思ったよりも稿量が増えている。取り敢えずはもう一章を書き終えてから、08/18にEsophageal Cancer 除去手術に臨む予定である。
『彌天芙敬に倣う(8月の経過-2)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(8月の経過-1)

このギャラリーには4枚の写真が含まれています。

 本日ようやくに梅雨明けが発表された。平年値より11日くらい遅い梅雨明けである。07/29の愚痴零しについて、後々のために詳細を記録しておく。
『彌天芙敬に倣う(8月の経過-1)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(7月の経過-6)

 術前二ヶ月弱の記録も、これが最後になる予定であった。しかし、まだ暫くは淡然とも泰然ともたり得ずに、逡巡を重ねる茫猿をさらけ出すことになりそうである。俎上の茫猿はまだ暫く悶え続ける。
『彌天芙敬に倣う(7月の経過-6)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(7月の経過-5)

このギャラリーには4枚の写真が含まれています。

 2020.07.28(火曜) 明日は外科執刀医と面談する予定である。我が身にメスを入れていただく主治医に、明日07/29 11:00に初めてお目にかかる予定である。
『彌天芙敬に倣う(7月の経過-5)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(7月の経過-4)

このギャラリーには4枚の写真が含まれています。

2020.07.25(土曜)03:37 梅雨末期の雨 ラジオ深夜便に促されて起きている。今日明日は雨模様のようだから、畑仕事も庭仕事もできそうに無い。07/27には手術までの日程を確認するつもりでいるが、今日明日は逡巡の […]
『彌天芙敬に倣う(7月の経過-4)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(7月の経過-3)

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

 7月23日から26日に至る4連休、逡巡の日々の記録である。4連休とは23日木曜・海の日、24日金曜・スポーツの日(よく分からない)そして、土曜日曜の4連休である。
『彌天芙敬に倣う(7月の経過-3)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(7月の経過-2)

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

 先号記事の07/03書込みで亡き母のことを書いた。畑仕事から帰ってくる母に、「私は至らないことばかりでしたか?」と尋ねると記した。 今日早朝の「NHKラジオ深夜便:明日への言葉」で天童荒太氏(作家)が語る「フクシマの海 […]
『彌天芙敬に倣う(7月の経過-2)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする

彌天芙敬に倣う(7月の経過-1)

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

前号記事に続き、茫猿の入院及び手術の顛末、 7月 その1である。
『彌天芙敬に倣う(7月の経過-1)』の続きを読む»

その他のギャラリー | コメントする