モリシ、モリシ、モリシマ

【只管打座・・モリシ、モリシ、モリシマ・・02.06.16】
 昨日は事務所の古くなったTVを急遽買い替えて、サッカー観戦でした。
にわかサッカーファンと揶揄されていますが、決してそんなことはなく、高校時
代に僅かですが経験していますし、高校の同期だった創部間もないサッカー部は
県大会優勝という唯一の歴史を持っています。
 そんなことはさておき、そんなに甘くは無いぞと云う予想を覆す日本代表の大
活躍です。鈴木、稲本、中田、小野、市川の活躍も素晴らしいが、昨日はなんと
云っても後半に入って交替出場した「森島寛晃・C大阪」の後半開始早々のゴー
ルでしょう。あの1点で観戦が楽になり、次の中田のへディングゴールで、余裕
を持って終了の笛が待てました。
「モリシ、モリシ、モリシマ」は、同姓だと云う以上に、何の御縁もありません
が、アナウンサーが何度も々々「モリシマ、モリシマ」と絶叫しているのを聞け
ば、知らず々々、身体が熱くなっていました。
 ワールドカップ一色で佳いのだろうかという疑問が無いわけではありませんが、
韓国も強豪ポルトガルを破って一位で決勝トーナメントへ進んだことだし、東ア
ジア辺境の二チームが決勝を競うという夢にしばしひたっていてもよかろうと
思っています。  ニッポン チャチャ!! ニッポン チャチャ!!
 「 青波朱波 揺れるピッチは 濃き緑 」
・・・・・・・本稿終わり・・・・・・・

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください