お気に入りの一枚

 特に書きたいことも書くこともないから、茫猿アルバムのなかからお気に入りを再掲する。すこぶる個人的なアルバムである。


 我が家の陽春の一コマである。撮影時期は不明であるがこの数年以内である。(ファイルネームから推定される撮影日付は04/05/04)

 同じく我が陋屋の横を流れる水路に現れたカルガモ一家である。多分三年くらい前の夏の朝の一コマである。(推定撮影日付は04/07/20)

 同じく我が陋屋の横を流れる水路で見かけた青鷺である。(推定撮影日付は04/09/23)

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

お気に入りの一枚 への1件のフィードバック

  1. bouen のコメント:

    風景も撮影も不思議なもので、折々の気分が写真から漂ってくる。
    この頃は次男が社会人となって、親の務めの大半が終わった余裕が画面から感じられるのは気のせいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください