鄙桜090405

《 あの花も この花も見ゆし 己がさくら 》
《 この花に あさき夢みゆ ひなざくら 》
まだまだ花の命は長くて、満開も散り初めも葉桜もこれからだけれど、いつもながら染井吉野には少し食傷気味の今日この頃、戻ってくるのはやはりひと味違う陋屋の鄙桜です。 この春もほぼ、満開を迎えました鄙桜090405です。 (090406 8:00撮影に差し替えました。)

関連の記事

カテゴリー: 茫猿 's Who タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です