緑の海に泳ぐ鯉

 為すこともなく連休を過ごしています。 久しぶりに息子たちが家にのんびりと居るので、鯉幟の虫干しをしようと思い立ちました。


   
 写っている鯉幟は重要無形文化財・郡上本染め十四代渡辺庄吉さんの1970年代の作品で、長良川の支流郡上吉田川で寒ざらしされた鯉です。 屋内での虫干しは時折行っていましたが、五月晴れのした、薫風に泳ぐのは随分と久しぶりです。 茫猿の住む鄙里では三十数年前から鯉幟の屋外掲揚は申し合わせで禁止されているから、風に吹かれ緑の海で泳ぐのは三十年ぶりなのです。
 今日は憲法記念日だけど、その昔、5/3と5/5だけが休みだった頃と比較して、土曜休日、振替休日などで4/29から5/5までの長期間の連休が当たり前になってから、憲法記念日の影がいっそう薄くなったような気がする。 それは昭和の日も、メーデーも子供の日も同じようなことなのだけど。

関連の記事

カテゴリー: 茫猿 's Who パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください