冬再来

 昨夜は寒かった。しんしんと冷える感じが久しぶりだった。灯油を切らしていたからファンヒーターは効かず、エアコンのみでは少し辛くて早寝をしたほどである。
 今朝起きて、西の山を見れば養老山脈は薄く雪化粧である。真冬期でも何度もないことで、冬再来を思わせる。北西に連なる伊吹山も白さが増している。 でも空の色は春色なのである。


    
    
『追記 3/10 18:20』
 鑑定協会会長選挙の結果が判明した、現副会長が当選した模様である。 ただ、会員の投票率は50%を下回った模様である。事実とすれば、唖然とするよりも暗然としている。12年前は75%前後だったと記憶する。 今回の半数を上回る会員が棄権するという結果を「無視、無関心、無気力」と捉えるか、求心力の欠落消滅と捉えるか、それとも潜在する批判と捉えるか。 現役員諸氏に尋ねてみたいものである。

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です