」タグアーカイブ

高野山にて笹麩と桜

2018/04/13 桜旅二日目は高野山へ向かうのである。じつは今回の桜旅を企てたのは三月初めの頃である。最初は吉野山と高野山を駆け足で巡ろうと考えていた。吉野山なれば下の千本から開花し始めて奥の千本に至るまで半月ほどの […]Continue reading «高野山にて笹麩と桜»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: , | コメントする

造幣局通り抜けとヤキソバ桜

2018/04/12 大阪造幣局・桜の通り抜けに行ってきたのだが、不動産鑑定士にあるまじき方向音痴を露呈し道に迷ってしまった。現役を離れて八年、今自分が何処にいるのかさえ判らなくなる始末で、同行した家人からは認知症発症を […]Continue reading «造幣局通り抜けとヤキソバ桜»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: , , | コメントする

鳥啼き魚の目は泪

なぜにそれほど咲急ぐと桜を責めたい気分である。鄙桜が咲き始めたのが03/27、今日はもう葉桜である。かと思えば例年なら二十日前後に開く御衣黄桜も八重桜も咲き始めた。駆け足で春は過ぎてゆく、「行く春や 鳥啼き魚の 目は泪( […]Continue reading «鳥啼き魚の目は泪»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

鄙桜の幻夢2018

2018年の鄙桜(山桜)の開花から葉桜に到るまでのアーカイブスである。弥生始めの寒い朝にまだ硬いつぼみを眺めながら、今年も来たるであろう桜の季節を待っていた。それからつぼみ膨らむ頃《2018/03/15》より、葉桜まで《 […]Continue reading «鄙桜の幻夢2018»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

弥生晦日も桜狩り

今日も桜狩りである。当地の染井吉野は今や満開で明日からの週末は、落花盛んを愛でる人波で桜を観るのか人を見るのか判らないから、今日のうちに桜を訪ねにゆこうと家人を誘ったら「今日もまた出かけるの、来週は吉野へ行くのでしょうが […]Continue reading «弥生晦日も桜狩り»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

おの(己)が夜桜

世に名桜は数々ある。茫猿の住まいする近くでも、根尾の淡墨桜、長良の鵜飼桜、木曽長良背割堤の桜、墨俣犀川堤の桜、揖斐池田・霞間ヶ渓の桜、大榑川輪中堤桜などなど、挙げればきりがない。Continue reading «おの(己)が夜桜»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

鄙桜《山桜》開花

鄙桜《山桜》が開花した。大島桜も染井吉野も枝垂れ桜も一斉に開花した。こんなことは初めてだ。さすがに八重桜だけはまだツボミ固しである。Continue reading «鄙桜《山桜》開花»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

鎮魂の花々

気仙沼に春は未だしでしょうね。鄙里は椿咲き、山茱萸も、満作も咲きました。今朝は菜花に霜が降りてます。寒緋桜は開花が増えました。梅も未だ々々咲いてます。Continue reading «鎮魂の花々»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

寒緋桜開花

三寒四温というが、三日ほど肌寒い雨の日が続いたあと、今日からしばらくは暖かい春の日が続くようである。雨上がりの畑を見回ってきたら、我が鄙里の桜の先がけである寒緋桜が開花していた。桜の季節到来である。 明日は3.11 東北 […]Continue reading «寒緋桜開花»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

超越と実存

二月末の記事「氷雨に読み伊吹颪(おろし)に読む」では、宮部みゆき、東野圭吾、高村薫などのエンターテインメント書籍について書いた。高村薫はエンタメと云うにはいささか重いものがあるにしてもジャンルは社会派推理小説であろう。こ […]Continue reading «超越と実存»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , , | コメントする