」タグアーカイブ

鄙桜の幻夢2018

2018年の鄙桜(山桜)の開花から葉桜に到るまでのアーカイブスである。弥生始めの寒い朝にまだ硬いつぼみを眺めながら、今年も来たるであろう桜の季節を待っていた。それからつぼみ膨らむ頃《2018/03/15》より、葉桜まで《 […]Continue reading «鄙桜の幻夢2018»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

弥生晦日も桜狩り

今日も桜狩りである。当地の染井吉野は今や満開で明日からの週末は、落花盛んを愛でる人波で桜を観るのか人を見るのか判らないから、今日のうちに桜を訪ねにゆこうと家人を誘ったら「今日もまた出かけるの、来週は吉野へ行くのでしょうが […]Continue reading «弥生晦日も桜狩り»

カテゴリー: 四季茫猿 | タグ: | コメントする

おの(己)が夜桜

世に名桜は数々ある。茫猿の住まいする近くでも、根尾の淡墨桜、長良の鵜飼桜、木曽長良背割堤の桜、墨俣犀川堤の桜、揖斐池田・霞間ヶ渓の桜、大榑川輪中堤桜などなど、挙げればきりがない。Continue reading «おの(己)が夜桜»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

鄙桜《山桜》開花

鄙桜《山桜》が開花した。大島桜も染井吉野も枝垂れ桜も一斉に開花した。こんなことは初めてだ。さすがに八重桜だけはまだツボミ固しである。Continue reading «鄙桜《山桜》開花»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

鎮魂の花々

気仙沼に春は未だしでしょうね。鄙里は椿咲き、山茱萸も、満作も咲きました。今朝は菜花に霜が降りてます。寒緋桜は開花が増えました。梅も未だ々々咲いてます。Continue reading «鎮魂の花々»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

寒緋桜開花

三寒四温というが、三日ほど肌寒い雨の日が続いたあと、今日からしばらくは暖かい春の日が続くようである。雨上がりの畑を見回ってきたら、我が鄙里の桜の先がけである寒緋桜が開花していた。桜の季節到来である。 明日は3.11 東北 […]Continue reading «寒緋桜開花»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

超越と実存

二月末の記事「氷雨に読み伊吹颪(おろし)に読む」では、宮部みゆき、東野圭吾、高村薫などのエンターテインメント書籍について書いた。高村薫はエンタメと云うにはいささか重いものがあるにしてもジャンルは社会派推理小説であろう。こ […]Continue reading «超越と実存»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , , | コメントする

梅香のもと鍬を振る

春到来を思わせる陽射しのしたで鍬を振っている。もうすぐ種を播いたり種芋を植え付けたりする準備として、春耕した畑の畝立てである。鍬を振る手を休めていると、風に乗って梅が香りが漂わせてくる。梅香のもとに鍬を振るとは、なんと云 […]Continue reading «梅香のもと鍬を振る»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿残日録 | タグ: , , | コメントする

薩長史観とは

作家半藤一利さん(87)と保阪正康さん(78)の対談記事が東京新聞に連載された。「薩長史観を超えて」《2018/2/20〜2018/2/23》と題する対談である。87歳と78歳の対談である。遺言というのは失礼だろうが、今 […]Continue reading «薩長史観とは»

カテゴリー: 只管打座の日々, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

地価マップ、連合会の企画推進力-1

過日(先月末のこと)、某SNSにおいて、Land Value MAPなるものが紹介されていた。この紹介コメントの中で、コメント氏は「これ、本来はわれわれの仕事ですね。」と述べていた。このコメントに某氏は「『 これ本来はわ […]Continue reading «地価マップ、連合会の企画推進力-1»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | タグ: | コメントする