蕎麦」タグアーカイブ

由なしごとを

なにごともなく五月連休が過ぎたと思ったら、その後気忙しいというか何やら追い立てられる日々が続いている。帯状疱疹後遺症である神経痛はまだ治まらない。皮膚の下を細い針で縫い上げてゆくような痛みが時おりする。右脇の下から胸元に […]Continue reading «由なしごとを»

カテゴリー: 只管打座の日々 | タグ: , | コメントする

墓参、伊吹、河豚ちり

先月末に思い立って友の墓参りに行ってきた。お彼岸の頃か、彼の眠る境内の枝垂れ桜が満開の頃が好ましいと考えはした。だけどその頃は観光客で街がとても混雑するだろうと思えば、入学試験が終わり閑散としている今が友を偲ぶには佳い時 […]Continue reading «墓参、伊吹、河豚ちり»

カテゴリー: 茫猿残日録 | タグ: , , | コメントする

紅葉狩りと蕎麦

昨日 2016/11/24 、かねて予約しておいた修学院離宮に紅葉をたずねてきました。七月初めに修学院離宮を訪ねたのですが、夏の日ざしの中で邸内を巡りながら紅葉の頃に訪ねたらさぞかし美しかろうなと思われて、帰る早々にこの […]Continue reading «紅葉狩りと蕎麦»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: , | コメントする

アスリート鑑定士&造林鑑定士

異色の不動産鑑定士お二人の話題である。異色と云うのも茫猿がそう感じているだけである。ご当人方は生涯を懸ける趣味に打ち込んでいるだけであり、半ばは鑑定士リタイア後を見据えていると云うか、既にその境地に浸っているお二人なので […]Continue reading «アスリート鑑定士&造林鑑定士»

カテゴリー: 鑑定士残日録 | タグ: , | コメントする

年始、ご好意、麺打ち

『年始』 伊吹颪(オロシ)が顔に痛く当たり、田畑は薄らと雪化粧する年の始めである。この寒さの中で、海津市平田町のお千代保稲荷門前では、止揚学園職員の皆さんが年末年始を通して街頭募金活動をなさっているのである。雪空の下、茫 […]Continue reading «年始、ご好意、麺打ち»

カテゴリー: 只管打座の日々, 止揚学園の人々, 茫猿残日録 | タグ: , | コメントする

沼津御用邸記念公園

伊豆半島西海岸を走る国道414号線沿道に沼津御用邸記念公園はあります。詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。旧皇室御用邸が廃止されたあと沼津市が管理運営する御用邸記念公園です。訪れたその日は菊華展も終わり、三連休の中日(1 […]Continue reading «沼津御用邸記念公園»

カテゴリー: 四季茫猿, 茫猿の旅日記, 茫猿残日録 | タグ: | コメントする

奈良・西ノ京駅を降りれば

夏が過ぎ秋の気配が濃くなり始めた過日、奈良に小さな旅をしました。 2014.09.17朝8:34、パートナーと二人 岐阜羽島駅を発ち西へ向かうのである。京都駅にて09:24発橿原行きの近鉄電車に乗り換え、10:11近鉄西 […]Continue reading «奈良・西ノ京駅を降りれば»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: | コメントする

但馬紀行-Ⅰ

先月末のことになりますが、兵庫県の香住、浜坂そして湯村温泉を訪ねてきました。 松葉蟹、皿蕎麦、夢千代、餘部鉄橋などを巡る旅でしたが、旅の目的はそれらではありません。 近年は病と闘っている友人たちが小康を得たことから、一同 […]Continue reading «但馬紀行-Ⅰ»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: , | コメントする

南ぬ島石垣

先月の下旬、沖縄、八重山の旅を過ごしてきた。 転職先が定まった息子から束の間の休暇を南の島で孫と過ごさないかと誘われたのである。 ベビーシッター&ドライバー役に誘われたことは承知していたが、孫と過ごせる楽しみに気がはやる […]Continue reading «南ぬ島石垣»

カテゴリー: 茫猿の旅日記 | タグ: | 1件のコメント

越前鉄道・勝山永平寺線

2012.11.17 前日に四県協と懇親会、二次会を過ごしたものの24時前には就寝した茫猿は、早朝06:30に福井駅前に向かい前日に撮り残した福井鉄道福武線折り返しを撮影し、駅東口に向かいます。 この日は越前鉄道勝山永平 […]Continue reading «越前鉄道・勝山永平寺線»

カテゴリー: 線路ハ何処迄モ | タグ: , | コメントする