岐阜県WANシステム

 不動産鑑定9月号に鑑定セミナー「インターネット活用の現状と今後」と題する座談会記事が掲載されました。記事中21頁と36頁に、利用する団体例として岐阜県不動産鑑定士協会が紹介されています。しかし、名前が挙げられているだけで具体的には何もふれられていませんので、岐阜県士協会の現状を具体的にお伝えします。


 岐阜県士協会では、会員事務所間をネットワークするシステムを士協会WANと呼んでいます。会員事務所のクライアントパソコンと士協会事務局サーバーを公衆回線で結んで各種情報の共有化と双方向交信を行っています。接続方法はダイヤルアップ接続で、会員は必要に応じて事務局に接続いたします。接続は24時間可能です。尚、セキュリテイの関係から接続はコールバックシステムを採用しており、会員が事務局に接続しますと、一旦回線が切られ改めて事務局サーバーから接続されます。当然のことですが、IDとパスワードが設定されておりパスワードは会員にも公開されていません。又、電話代が士協会持ちになりますから長時間の無意味な接続を防ぐために、一定の時間内に有効な入力がないと自動的に切断されます。
 WAN・サーバーには、事務局フォルダと各会員フォルダの他に各委員会フォルダ、公的評価各分科会フォルダが用意されています。WANが最も活躍するのは地価公示や地価調査の業務最盛期です。各会員が共通フォーマットで作成した点検結果、取引事例、賃貸事例などを分科会フォルダに送信し、相互に交換します。事例のイメージデータをWANで交換するまでには至っていませんがAcrobatなどを用いてPDFファイルが交換されるようになれば、現在はFaxで交換しています地図データをWAN経由で交換できるようになるでしょう。
 又、地価公示や固定資産税標準宅地評価のメモ価格もエクセルデータとしてWANで交換しますので、各自が集計して傾向を把握し、直ちに自己の評価に反映させることも可能です。データの交換や配布はフロッピーデイスク利用しても同じ効果が得られますが、即時性ではWANにはかないません。同時に会員全員がデータを即座に共有できるという点においてもはるかに優ります。他には会員がエクセルやファイルメーカープロで作成した、鑑定評価関連のファイルや計算モデルがフリーウエアとして公開されています。
 WANの今後と云うことに関しましては、現在はCDで配布しています公的評価所在地図をWeb化する方向で検討を重ねています。又、現在は主にテキストデータの交換に止まっており、データをインポートして集計する必要がございますが、サーバー上のファイルに直接書き込む方向への進化も検討されています。
 岐阜県不動産鑑定士協会の99年9月現在の会員数は41名ですが、その内鑑定評価に従事している会員は38名で、さらにメールアドレスを公開している会員は23名です。近い将来に、士協会のドメインを取得し、全員が士協会ドメイン上でのアドレスを持てば、メールマガジンやメールニュースを配信することにより、FAXや紙の使用量を激減できると考えています。同時にメーリングリストの活用により、冗長な会議を減らせるとも考えます。しかし、全員加入のWANと違いましてインターネットへの接続は会員の自由意志に拠るものであり強制できる筋合いはありませんので、未加入会員の理解が深まるのを待っている状況です。
 ホームページについては、鑑定業界のなかでは早い時期に起ち上げたのですが、その後の更新が不十分であり、起ち上げたという点に止まっています。この点に関しましては、地図情報システムの充実や都市情報的コンテンツを充実して、士協会から県民市民へ充実した情報を発信し、業容の拡大にもつなげたいと「99年度情報化促進事業」を企画し、関係機関からの補助や支援を得られるように鋭意事業推進しているところです。
WAN ワン;wide area network 広域情報通信網。離れた場所のLAN同士を接続するネットワークのこと。一般の電話回線やISDN、専用回線などを介して接続する。
接続にはモデム、ターミナルアダプター(TA)、ブリッジ、ルーターなどの機器を用いる。現在の主流は、ISDNや専用線を介し、TAやルーターを使って実現するタイプ。【出典(C)日経BP社 1998、以下同じ】
Acrobat アクロバット 異なるコンピューター間で電子的に文書を配布するためのソフトウエア。PDFファイルを読み書きするのに必要となる。米アドビシステムズが開発
Excel エクセル マイクロソフトが販売する表計算ソフト。
FileMaker Pro ファイルメーカーPro ファイルメーカー(旧クラリス)の販売するデータベースソフト。初心者にも扱いやすく、個人ユーザーに広く受け入れられた。98年7月時点の最新版はファイルメーカーPro 4.0。Windows用とMac OS用で同じデータファイルを共有できるほか、Webブラウザー経由での検索が容易なのが特徴。

関連の記事

カテゴリー: REA-NET構築 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です