桃栗三年


こんな俚謡がある。桃栗三年柿八年、梅は酸い々々十三年、柚子の大馬鹿十八年。
実生の苗木が初めて実を付けるまでの期間を唄っているのだが、馬鹿にされた柚子が可哀相である。写真は庭の花柚子である。春先に白い小さい花を付けていたのが、今はたわわに黄色い実を付けている。
Tags: 

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください