福井先生のお見舞い

 止揚学園の福井先生が講演などが重なり過労で入院されたと風の便りに伺い、先日お見舞いに行って参りました。その折りの心のこもった美しいお礼状を頂きましたので、皆様にもご覧にいれます。なお、先生の御加減は快方に向かっており、今は体力回復のご養生中です。


 二つ折りになっているお礼状の表紙です。学園の写真と園生の皆さんが写っています。学園ではこうして一通、一通、手作りの心を込めた礼状をお届けになっているのです。このお礼状と一緒に元気も頂いた気分になります。
こんな言葉も書き添えてございました。
「私たちは 音(おと)でなく、音(ね)を大切にし、聴きつつ歩みます。」

 お礼状です。お見舞いに福井先生の好物と伺っている西瓜をお届けしたのですが、それにちなんで西瓜の絵が描かれています。

 お礼状の部分拡大です、お読みになるのであればワンクリックをどうぞ。お忙しいなかなのに礼状を作りお届け頂ける幸せを感じております。
 僅かばかりの御布施の代わりに、とても大きな慈悲を頂いた感じで嬉しく拝見しました。(合掌)

【止揚学園】 http://www.biwa.ne.jp/~ikuru/
住   所  滋賀県東近江市佐野町885
振込口座  01010−7−42202
加入者名  社会福祉法人 止揚学園
皆様の暖かいご支援は上記の郵便振込口座へお願いします。

関連の記事

カテゴリー: 止揚学園の人々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です