岐阜・名古屋駅前近況

 岐阜駅前と名古屋駅前の近況を茫猿流に撮影してみました。
2/20は茫猿の62歳最後の日でしたが、あるシンポジウムに出席した帰りに撮影した街角スケッチです。シンポジウムについては稿を改めます。


 JR岐阜駅中央口階段脇に設置されたステンドグラスです。岐阜観光の目玉である鵜飼いと岐阜城を映しています。

 外装はほぼ終わり、この秋の完成を前に今は内装を急いでいる岐阜駅前シテイタワー43です。

 同じく、部分供用が開始された岐阜駅前のバスターミナルです。徐々にではありますが駅前整備が進みつつあるのだから、その投資効果を反映してこの春発表の地価公示やこの夏実施の地価調査に明らかな形で示されるといいのだけれど。

 夕なずむ名古屋駅前のJRセントラルタワーズミッドランドスクエアの三本のタワーを桜通堀川橋上から眺めました。橋の欄干が何やら由緒ありそうです。

 名古屋駅前やや北寄り則武に近く完成したルーセントタワービルです。
東に面して湾曲したガラス壁面がとてもユニークで、朝陽に輝く様を観たいと思います。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です