この記事微妙

 『横浜逍遙亭:桜とデジタルカメラ
 このBlog記事の意味するところはとても微妙である。観に往く気も、撮る気も、BlogにONする気も何となく無くなっていた「櫻」だが、その言い訳にピタリと嵌るのである。


『願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃』
 あまりにも有名な西行法師の歌であるが、ここに云う桜は今や日本中に溢れている染井吉野ではない。(山中に超然と時に飄然と孤立することの多い)山桜である。第一、あんな騒々しい桜の下では死ぬこともできない。(西行法師:1118-1190、染井吉野:江戸末期頃に育成された園芸交配種、1900年命名)
同じ意味で、
「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」(友則)も 
「世の中に たえてさくらの なかりせば 春の心は のどけからまし」(業平)も
 花も意も、時には意図的に誤解されて流布している 
「しきしまの やまとこころを ひととわば 朝日ににほう 山ざくら花」(宣長)も 全て染井吉野ではない。
 (07.04.03付け追記) という訳ではあるが、我が陋屋の山桜が今年も春の便りを告げてくれた。「年々歳々花相似、歳々年々人不同」ということである。倦む(あぐむ)ことなく同じ営みを続ける花に敬意を表して記録する。
若葉の新緑と花の白さの対比がとても好ましいのである。

次は桜全景である。手前が山桜、背後がコブシの花である。

年々歳々花相似、歳々年々人不同と思いましたが、辿ってみたら人も相似ていました。というか一年を経ているのに、さほどの歩みも無かったというお粗末でした。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です