FC岐阜BELTA

岐阜に『FC岐阜BELTA』という女子サッカーチームが存在する。1985年創部というから、既に20余年の歴史を持ち、数々の輝かしい戦績を誇っているチームである。
このチームが年始に宮崎県で開催される第12回全日本女子ユース(U-18)選手権大会へ東海地区代表として出場が決まったという。(ニュースソース羽島市・安東氏)

(FC岐阜BELTAサイトより借用しました。)


◎FC岐阜BELTAについては、こちらのサイトからどうぞ。
◎こちらの「サイト」にも関連記事があります。
FC岐阜BELTAは、08/11/23に長良川競技場で開催された2008年度 第12回東海女子ユース(U-18)サッカー選手権に岐阜第一代表として出場し、一回戦で愛知第二代表豊田レディースにPK勝ち、準決勝で静岡第一代表常葉学園にPK勝ちと接戦をものにして決勝に進出しました。 決勝では連続する強豪との接戦の疲れにレギュラーの怪我もあって静岡第二代表藤枝順心学園には敗れましたが、東海地区第二代表として全国大会出場権を獲得しました。岐阜県代表としては初出場のようです。 (FC岐阜BELTA公式サイトより)
『鄙からの発信』が「FC岐阜BELTA」の記事を取り上げるのは、このチームと岐阜県鑑定業界は縁が深いからである。 岐阜県大垣市に横幕不動産鑑定事務所がある。事務所代表の横幕氏は既にベテランの不動産鑑定士であるが、彼の愛娘が岐阜BELTAの所属選手なのである。 安東氏の瓦版情報によれば、 横幕氏のお嬢さんはチームではトップ下または左のMFのレギュラーだそうです。
父親の横幕氏は、以前に開示されていた岐阜県士協会サイトの会員自己紹介によれば、「大垣東高校サッカー部:初代キャプテン」という経歴の持ち主とのこと、彼から頂く年賀状には愛娘の競技姿が印刷されていることもある。 さだめし、来春の賀状にはお嬢さんの勇姿が躍動していることだろうと思われる。
来春の第12回全日本女子ユース(U-18)選手権大会は、全国から16チームが参加して、宮崎県で1/3~1/8に開催されるという、南九州の鑑定士の皆さんは機会がございましたら、サッカー場に足を運び、横幕氏の愛娘の活躍を応援してください。
ところで、まことに蛇足ながら、横幕氏の年越しは間違いなく宮崎県だろうと思われる。 地価公示を早々と確定して宮崎に飛ぶのか、それとも公示業務は帰ってきてからか、余所事ながら少し気にかかるのである。 でも、正月に南国の空の下で愛娘の勇姿に声を枯らすなんてことは、誰にでも経験できることではないから、地価公示のことなどは気にせずに、宮崎の正月を満喫してきて頂きたいと思うのである。 決勝まで勝ち進んだら1/8は分科会の開催日である。日焼けしてガラガラ声の彼にお会いするのが今から楽しみである。

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描, 鑑定士 on www タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です