鵜飼桜が見頃

 岐阜市街、長良川左岸御手洗地区にある護国神社境内の「鵜飼桜」が淡いピンクの花を咲かせ、見頃間近となった。すぐ南西隣、岐阜公園の桜(ソメイヨシノ)はまだつぼみであるものの、岐阜地方気象台は例年よりも十日以上早い開花を発表した。開花したのは岐阜駅南の清水川沿いの桜のようである。 鵜飼桜はエドヒガンザクラで、鵜飼関係者らが花付きの良し悪しでその年の漁を占ったことから、鵜飼桜と呼ばれるようになったと云う。 樹齢百年といわれる、幹周り約2.5m高さ約8mの早咲き桜大樹です。


  
 樹勢も美しいし、花の色も好ましい、今日は八分咲きくらいか、週末にかけて満開になるだろう。
  
 たまには、Photoshopを使って少し手を加えてみました。
   

 至って私事ですが、週末には長男の妻のご両親を岐阜にお迎えして、ご披露とも云えないほどのささやかな宴を予定しております。 北関東からお越しになるご両親に、週末はこの桜を引き出物としてお見せできるかと思えば、心浮く堂守です。

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください