初雪

日本列島は数日前から歳末寒波に襲われている。 我が茅屋も今朝は雪景色である。初雪にしては珍しい積雪量だから、何枚かを切り撮ってみる。


まずは09年暮れ茅屋の雪景色
091219yukiniwa.jpg
「雪」  三好達治
太郎をねむらせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎をねむらせ、次郎の屋根に雪ふりつむ
山茶花の赤に雪の白
091219sazanka.jpg
「積もった雪」 金子みすず
上の雪 さむかろな。  つめたい月がさしてゐて。
下の雪 重かろな。  何百人ものせてゐて。
中の雪 さみしかろな。  空も地面もみえないで。
夏みかんの黄色に被る雪
091219mikan.jpg
「夜ふる雪」 北原白秋
蛇目の傘にふる雪は むらさきうすくふりしきる。
空を仰げば松の葉に 忍びがえしにふりしきる
酒に酔うたる足もとの 薄い光にふりしきる
黄葉する楓の葉が雪の上に散っている
091219ouyou.jpg
「雪五尺」  小林一茶
是がまあ  つひの栖(すみか)か  雪五尺
蒼さをのぞかせる空に雪を載せる枝がクリア。
091219eda.jpg
「雪のふかさ」 正岡子規
いくたびも  雪の深さを  尋ねけり
「歩道の雪かき」 (茫猿)
雪かきて  通りゆくひと  みなほほえむ
「ヘッドライトのなかに」 (茫猿)
闇の中  舞い踊る雪  吾さそう

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください