十三夜

 一昨日からトイレのバリアフリー化工事を始めて大工さんやら水道工事屋さんら職人さんが入っている。 外出もできないから畑仕事に精を出すこととして、柿の木の剪定を始める。 半日の畑仕事を終えて戻ってきたら夕暮れの東の空に十三夜の月が出ていた。


 2010.11.19 15:00 夕なずむ空に十三夜の月。小型カメラの性能も良くなったものだ。今頃から真冬にかけての、寒空に冴え々々とした月がとても好きである。 
 

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です