2012/2013

歳末に宛名書きをする予定だった賀状を、ようやくに書き始めている正月の二日です。
2012年も押し詰まった12/30早朝、長男に娘が誕生しまして、様々な憂き世の義理なども果たすために、年を越して群馬県まで見舞いに行って参じました。 とんぼ返りもならず、東京ステーションホテル、スカイツリー、浅草の観音さまと今半、駿河湾の地魚鮨に三島大社お礼参りなどと思わぬ散財もした2012/2013でした。

三年前に父母が逝き、今、初孫の顔を見ますと、時の移ろいを感じます。 それは、そのままに我が残り時間を考えさせるものであり、嬉しさなかばに一抹の無常さも半ばという思いが致します。
この三月には日鑑連・地理情報の仕事も一段落の予定であり、いよいよ本格的な隠居生活が始まるのだと、心して古稀を迎えた茫猿の巳年正月です。

先ほどお千代保稲荷へ行って参りました。 元旦には果たせなかった止揚学園の皆さんに年賀を申し上げ、僅かな時間ですが「知能に重い障害を持つ人たち」のための募金活動にも参加してきました。 稲荷門前での募金活動に参加してはじめて、正月が来たのだと思うようになって、もう何年になりますか、今年も学園の皆さんと我が孫をはじめ家族に、そして多くの人たちにとって佳き年であるようにと祈ります

隅田川、寒の蕾桜越しにスカイツリーを眺めました。
冬来たりなば春は遠からじ。

おおつもごり(大晦日)も賑わう新仲見世通り今半本店前です。

余計な飾り物を省いた凛とした佇まいの門松です。
訳あって、今年からの茫猿は凛とした生き方を目指します。
(by Tokyo Station Hotel)

こちらも凛とした装いのなかに、華やぎものぞかせる正月飾りです。
(by Tokyo Station Hotel)

凛の極めつけはなんといってもこちら。 (三島駅にて)

 

関連の記事

カテゴリー: 四季茫猿, 止揚学園の人々 タグ: , パーマリンク

2012/2013 への1件のフィードバック

  1. 後藤 雅文 のコメント:

    明けましておめでとうございます。賀状を美江寺町へ送ってしまい返送されてきました。
    何としたボケかと反省しています。初孫の誕生おめでとうございます。
    娘さんなれば可愛さもひとしおと存じます。
    貴殿の打つ蕎麦それは美味しいことでしょう。
    私も今年の2月に研究所を辞めますので暇になると思います。
    機会を見つけて輪之内へ出かけたいと思います。
    NSDI小委員長ご苦労様でしたと言いたいのですが、私は貴殿に地理情報の進歩の早さを考えればまだまだ突っ走して欲しいと願っています。
    新スキーム改善どうなっているのか本当に見えません。貴殿の発信が一番信頼できる情報です。雛からの発信今年もたよりにしています。本格的な隠居生活は今しばらく我慢下さるようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です