VIVA MALKIN

ビバ  マルキンなのである。正しくは、2015年8月2日に岐阜市柳ケ瀬の一角に誕生するBrasserie Malkinなのである。サイトは現在メンテナンス中なので、FaceBookの頁を紹介する。 マルキンは CafeとCulturesをテーマとしてフレンチとオーガニックワインが謳い文句のお店である。 オーナーの寺村氏はYanagase Forest Projectの提唱者でもある。 昨夜はBrasserie Malkin《ブラセリー・マルキン》にてプレオープンパーテーが開催され、茫猿はご招待を頂きました。 《Brasserie :ブラセリー、食事も出来る呑み処》

オーナーの寺村氏が岐阜市在住の不動産鑑定士であるというご縁から、ご招待を頂いたのです。取り急ぎ、ブラセリー ・マルキンのユニークさと楽しさをご紹介します。

アーケード街柳ケ瀬の一角に2012年誕生した再開発ビル・オアシス柳ケ瀬がある。ビルの前庭に公開空地「ゆめてらす柳ケ瀬」を設け、そこに植栽を行って柳ケ瀬に青空と緑を取り戻そうという意欲的な企画を実行している「Yanagase Forest Project」でもある。プロジェクト全体に付いてはマルキンサイト《メンテナンス中》やFB マルキンをご覧頂くとして、先ずは前日にアオダモやカエデの植栽が終わったばかりの公開空地「ゆめてらす柳ケ瀬」の夕景をご案内する。数年後にはこれらの樹木が活着して青葉を拡げ、心地よいテラスをつくるだろう。 カエデが色ずくころ、若葉が萌える頃にテラスで街行くお洒落な女性を眺めつつ珈琲&ワインを飲みたいものです。20150728malkin3

柳ケ瀬に覗いた青空である。これからは雨降る日も風吹く日もあるだろう。 クリスマスには雪だって降るだろう。まさにオアシス柳ケ瀬なのである。同時に、不動産鑑定士が自らを賭けて関わる再開発であり地方商店街創生である。《限定的ではあるが、茫猿のヒヤリング調査結果によれば、》柳ケ瀬界隈に住むお年寄り達の何人かがモーニング珈琲を楽しむ場所として期待しています。なによりも若い人たちのデートスポットになる予感がしきりです。
20150728malkin5

昨夜集まった岐阜県・不動産鑑定士の顔ぶれ、その一。中央がオーナーの寺村氏。左が荒山氏、右が北村氏。

20150728malkin1

同じくその二、樹下氏、赤堀氏、そして茫猿。

20150728malkin2

岐阜県鑑定士の有志でお祝いしました。柱の左に安藤幹事、右には水野理事、名札の陰に久保前会長、なぜか右の柱を抱く亨さん。20150728malkin4

パーテーアトラクションのウクレレ演奏には、にこやかなオーナーのお顔も見えます。20150728malkin7

宴が果ててから、茫猿にしては久しぶり、ほぼ五年ぶりの柳ケ瀬です。たんまり飲ませていただいたワインの酔いも手伝いまして、明日は点検だとか選定替えの納期が近いとか渋る若手の皆さんを半ば脅迫して、柳ケ瀬は住吉町界隈に案内してもらいました。今や茫猿が馴染んだお店などは影も形も無く、全く見知らぬ街で遊ぶ心地でしたが、若手の皆さんが「ガマン」と云うご祝儀を弾んでくれたおかげで楽しい一夜を過ごしました。日付が大きく変わる時刻まで老体の昔話に付き合ってくれた皆さんにWEBからお礼申し上げます。

輝さん、隆吾さん、亨くん、常真くん、貴紀くん 有り難う、ありがとう。 それから、亨くん、貴紀くん、9/26 Project を実現させ、佳い結果を得ましょう。及ばずながら老体に鞭打って、弾除け並びに踏み台を務めさせていただきます。 トシ(寿)さん、シュウ(修)さん、タケ(健)さん、老兵は死なず消えずとも、弾除けや踏み台くらいになら使えます。互いの老骨を役立てるお気などござむせむか。

 

関連の記事

カテゴリー: 濃尾点描, 茫猿残日録 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です