はなぬすびと

【只管打座・・はなぬすびと・・03.04.16】
 岐阜市内の桜は、あらかた葉桜になりました。
「年々歳々花あい似たり、年々歳々人同じからず」と言いますが、人が歳月を
経て変わるように、花も去年と同じようでいて、やはり少しずつ変わってゆく
ようです。我が陋屋の桜たちも、去年と同じような花を咲かせる里桜もあれば、
去年より見事な花をつける山桜もあります。
この春は例年にも増してこぶしが見事に咲きました。
 不動産鑑定士の多くは、今は地価調査の点検作業に勤しんでいます。
毎年同じ地点で継続される調査ですが、町が変わり、道が変わり、下水が整備
されと地価調査基準地の周辺状況が変わってまいりますから、年毎に点検作業
を行って、変化の状況を調査し、地価調査基準地としてふさわしいかどうかを
点検するのです。地価調査は毎年4月の点検作業に始まり、梅雨時から夏にか
けて鑑定評価を行い、9月の下旬に公表されます。
 (地価調査については) http://tochi.mlit.go.jp/ 
 茫猿も、このところ地価調査点検作業を行っています。岐阜県は南部の海抜
ゼロメートル地域から北アルプスまで標高差が3000mあり、南北にも約150km
の距離がありますから、県内の気候は一様ではありません。
 美濃の岐阜市内では初夏を思わせる葉桜でも、飛騨の高山ではやっと蕾ふく
らむという様子ですし、合掌造りで著名な御母衣ダム湖畔の荘川桜は4月下旬
にならないと開花しません。
 今日(4/16)は、郡上郡和良村地内に設定されている基準地の点検に行ってま
いりました。和良村は郡上踊りで有名な郡上八幡町のさらに山あいに位置する
閑かな山村です。天候は快晴に恵まれ、長閑な山里の基準地を見てまわると、
折しも桜は「染井吉野」が散り初め、山桜や枝垂れ桜は満開という至福の時を
過ごしてきました。山里では梅も桃もこぶしの花もひとときに咲いており、農
家の庭先では芝桜やチューリップが咲き競っていました。
 もう桜が終わってしまった地域や、まだ蕾が堅い地域にお住まいの読者に茫
猿が訪ねた桜をお届けします。和良川の土手の桜には、花の蜜を求めてヒヨド
リが集まっていました。「はなぬすびと」には違いないのですが、花に嵐の例えあり、
桜にヒヨドリ、彼等にも春の恵みを分けてあげるのも風流というものでしょう。
 「たえて桜のなかりせば・・」と詠んだのは、在原業平。
 「しづ心なく花の散るらむ・・」と詠んだのは、紀友則。
 「願はくは花のしたにて・・・」と詠んだのは、西行法師でした。
茫猿にしてみれば、おらが春、おらが桜、でしょうか。
和良村・念興寺境内にある、京都円山公園から移植したという枝垂れ桜です。

念興寺については、こちらへどうぞ。
http://www.vill.wara.gifu.jp/wara/kankou1.html
和良川土手の桜にやってきたヒヨドリです。

関連の記事

カテゴリー: 只管打座の日々 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です